1889年の外相大隈重信はロンドンタイムズに個別交渉大隈改正案をバラされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

井上馨の次に条約改正に舵を取るのは、時の外相大隈重信だ!

井上馨ちゃんの井上改正案を若干修正して、秘密裡に各国と交渉を続けていくんだけど、憎きイギリスのロンドンタイムスにバラされちゃうんだよね。

こう考えると、本当イギリスってむかつよな。日本史勉強すればするほどイギリスという国が嫌いになっていくよ、俺は。ロンドンに住んでたけどね。

大隈改正案とは

まずは大隈改正案について見てみよう。

井上馨ちゃんの井上改正案は、

「領事裁判権の撤廃、輸入関税の一部引き上げの代わりに外国人裁判官を任用し、内地雑居を認める」

だったね。

それに対して大隈改正案は、

「外国人判事任用を大審院に限る」

という井上改正案を若干変更したものなんだわさ。

 

まぁここまではいいよね。

で、大隈重信外相は何をしたか?と言うと、比較的好意的だったアメリカ・ドイツ・ロシアと個別に交渉していったんだよね。メキシコとは対等条約まで結んじゃったわけ。

 

まぁここまでいいじゃん。

こっからイギリスだよ。マジうぜぇわ。

まず、ロンドンタイムスに大隈重信の改正案を掲載したわけ。そのあとに、

「おいおい、お前らメキシコと対等条約結んでんだろ?内地雑居認めてるんですよね?うち、最恵国待遇なんですけど?同じように認めてくれるんでしょうね?」

と圧力をかけてきたのね。大隈重信はこれを拒否するんだけども、そうこうしているうちに大隈重信は暗殺されかけるわ、内閣は総辞職するわ・・・で条約改正は頓挫しちゃったわけ。

 

日本での動きにも注目。

日本の新聞はロンドンタイムスの記事を翻訳して日本中に広めたんだよ。

というのも、井上馨ちゃんの井上改正案の時も世論は反対していたわけじゃん?

外国人の居住がどこでもオッケーになっちゃったら、困るし。裁けないから。だからこの大隈改正案に対しても日本の人々はかなり反対してたんだよね。

「政府しっかりしろよ!諸外国との不平等条約を解消しろよ!でも外国人にいろいろ権利を与えるのは嫌だからな!!」

という具合でね。いつの時代も世論は厳しいですなー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ろいち より:

    最高にわかりやすくて楽しいです。

  2. 安藤 より:

    メキシコと対等条約を結んだことに、イギリスは最恵国待遇だからって、イギリスとも対等条約を結んでくれ!って圧をかけたから、国別交渉は、ダメなイメージってことですか?合ってますか?
    国別秘密交渉って、何がダメなんだろうって思ってました!!

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます!

      記事の書き方が少しわかりにくかったかもしれませんが、今回のテーマ「大隈改正案」において、「個別交渉」自体はダメじゃないんです。
      そもそも大隈改正案がダメだった、ということなんです。

      大隈としては、井上薫がやったような列強が一堂に会した場で交渉する「国際会議方式」は日本にとって不利だと考えました。

      というのも、大隈は「列強は集まるとみんな同じこと言うけど、たぶん1対1で話したら違う反応が返ってくるはず」とおもっていたんですね。
      ただ、大隈の改正案は井上馨の案をちょっと改造しただけの案だったので、この案が日本国民に知られると絶対猛反発をうけますよね。井上の案の時点ですでに大変な反発くらってましたもんね。

      そこで、列強の国々それぞれと“コッソリ”個別に交渉して日本に有利な条件で改正しようと考えていたわけです。
      列強とそれぞれ条約改正をした後で国民に話せば、「反発はわかるけどもう締結しちゃったからね、しょうがいないね」となだめられると考えたわけです。

      問題なのは、大隈が「コッソリ」やっていた条約改正の内容をイギリスの報道機関にバラされてしまった、ということです。
      この記事が日本語にも翻訳されて国民に知れ渡ると、「井上の案と全然変わらないじゃないか!ダメだこんなの!」と猛バッシングを受けるんですね。

      その結果、大隈の改正案は日本国内で却下されることになり、内地雑居なども認めない完全な対等条約を結ぶべく新しい条約改正が行われるようになります。

      まとめると、国ごとの個別交渉は、大隈重信が考えた交渉のやり方のことなのでそれ自体がダメというわけではありません。
      そもそも井上の案を改正しただけの大隈改正案自体がダメだった、ということです。

      まあでも、イギリスの「自分に都合がいいように日本に圧力をかける」という姿勢はいかがなものかと思いますが(笑)。

      もしまだ何かもやもやしたところがあれば、またご質問くださいね!

コメントを残す

*