沖縄戦についてわかりやすく。その特徴と悲惨さとは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「太平洋戦争」というワードで一番連想されやすいのはたぶん、広島・長崎の原爆投下だと思う。

実際一瞬でたくさんの人を文字通り消してしまう非人道兵器だったわけで、当然これは印象に残るよね。

 

ただ太平洋戦争ではもう一つ、ものすごく悲惨で残酷な戦いがあった。

 

それが、沖縄戦だ。

 

第二次世界大戦の中でも一番の激戦地だった沖縄

 

日本は当時、もう完全に劣勢中の劣勢だった。

アメリカは日本本土にどんどん爆撃してくるし、連合軍も日本に近づいてきていた。

 

そんな中で、アメリカ側は日本本土を完全に占領するための拠点として、沖縄を手に入れようと作戦を立てていた。

当然日本としても、アメリカに沖縄をとられてしまったら後がない。

 

というわけで、沖縄での戦いは日本・アメリカ両国にとって互いに譲れない戦いだった。

 

日本側は、民間人も含めると戦闘参加者はなんと11万人越え。

対するアメリカ側はなんと約54万人。

 

これまでの戦闘からしても規模感がまるで違うよね・・・。

 

沖縄戦の特徴

 

沖縄戦は「持久戦」

日本で当時、戦争を仕切っていた司令部(大本営)は、「沖縄戦でアメリカ側に大打撃を与えてビビらせたところで、講和持ち出して有利に戦争を終えよう」という考えを持っていた。

 

このまま戦っても日本側は不利だから、一発逆転を狙ったともいえるね。

 

だけど困ったことに、現地・沖縄にいた部隊の隊長は「本土決戦で決着つけるから、沖縄戦は時間稼ぎさえ出来ればいいや」と考えていた。

要するに本部と現地とで考えが全く違ったわけだ。

 

その結果、沖縄戦は時間稼ぎのためアメリカ軍を沖縄の中へ中へと誘いながら、応戦するという「持久戦」のカタチを取ることになった。

これは被害拡大の一因でもある。

 

 

民間人までも戦闘に参加させられる

 

前回の記事で学徒出陣や勤労動員があったよね。

大学生は徴兵され、中高生や女性は裏方仕事に回されるというものだった。

 

しかし沖縄戦ではもっと酷いことになった。

なんと中高生の男の子たちも「少年兵」として、実際に戦場で戦わされてしまうんだ。

 

この少年兵の集団を鉄血勤皇隊(てっけつきんのうたい)という。

 

また、女学生は女子学徒隊となって、負傷した日本兵の看護を任された。ひめゆり隊が有名だよね。

女子学徒隊はそのほとんどが悲惨な死を遂げたことで知られているね。

 

またこのほかにも、民間人全てに対して「竹やりでも何でもいいから、一人10人殺す気持ちでアメリカ側に突撃しろ」なんて日本軍の隊長が声掛けしたりして、民間人ほとんどを戦争に巻き込んでしまった。

 

集団自決

日本の兵士から「アメリカ兵士に捕まったら何されるかわかんねぇぞ」と沖縄の人は聞かされていたので、「アメリカの兵に捕まるくらいなら」と爆弾で自殺する、ということが多発してしまった。

 

結果1000人もの人が集団自決してしまった、という。

 

アメリカ軍による民間人殺害と暴力

これが一番悲惨。

 

アメリカ人は、女性・子供問わず防空壕に逃げ込んだ民間人を火炎放射器で焼き殺したり、村に毒ガスを撒いたりして本当に多くの民間人が亡くなってしまった。

防空壕に隠れていた人たちに火炎放射器を浴びせた、という話は有名だね。

 

(なんでアメリカが民間人を大量に殺したのか関しては、下の方の「余談」で詳しく書いているからそこも参照してね。)

 

このほか、アメリカ軍兵士による女性への性的暴行も酷かった。10000人近くも被害に遭ったという。

 

沖縄戦での死者

 

結果的に、日本軍は兵士の志望者があわせて9万人くらい、大して連合軍側は死者2万人ほど。

この時点で日本はもうこれ以上戦争してもアメリカに勝てるわけないレベルの被害を出したんだ。

 

酷いのはここからで、民間人の死者もなんと約9万人。兵士と同じくらい死者が出ている。

しかも、その9万人のうち98%は連合軍側による殺害だったという。

 

沖縄戦では、本当に民間人への被害が多かった。

これが、沖縄戦が「第二次世界大戦の中でもっとも激しく悲惨だった」と言われるゆえん。

 

ちなみにアメリカ側も2万人の死者は大きな痛手だった。

沖縄戦レベルの激戦が本土決戦でも繰り広げられたら、アメリカ側も大変な損害が出る。

 

その結果、アメリカは自分の兵士を削らず日本側に大打撃を与えられる「原子爆弾」を投下することを本気で考え始めることになる。

 

余談:アメリカはなんで民間人を大量に殺したの?

 

ここまでの内容を見てみると、アメリカによる民間人虐殺がどう考えても人間のやることとは思えないほど酷く思える。

ただ、これはアメリカ側がすべて悪いとは言えない。

 

そもそも日本軍が「竹やりもって最後までアメリカ兵と戦え」とか吹き込んでしまったが為に、民間人もアメリカに降伏できない状態になってしまった側面がある。

日本軍の責任もかなり重いよね。

 

アメリカ側としては、民間人だろうと日本兵だろうと、攻撃してくる人には応戦しなきゃいけなかった。おたがい死にたくはないもんね。

 

一方で明らかに非戦闘員だろって人まで火炎放射で焼き殺した事例があったり、女性に性的な暴力振るったりした事例があるけど、これに関しては戦争関係なく外道の所業。

 

でもそんな外道を生み出してしまったのは、人の心を失わせる「戦争」のせいでもある。

どちらが悪いともいえない、ただ「戦争が悪い」としか言えないよね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*