織田信長についてのまとめ!⑬長篠合戦で武田軍を撃破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、本願寺派との戦争、石山戦争について見てきたね。

長島・越前一向一揆などによってたびたび苦しめられたんだった。

 

そんな中で、信長はある大きな戦いに挑む。

それが、長篠合戦(長篠の戦い)だ。

武田と織田の関係って?

信長が上洛するあたりまでは、武田氏とは良好な関係を築いていた。

しかし、しばらくして信長と足利義昭の関係が悪化し始める。

 

義昭が「信長をぶっ潰そうぜ!」と武田氏に呼びかけたのを機にこれを受けいれ、信長の臣下であった徳川家康の領地に攻め入ることにする。

信長に一切連絡なしに家康を攻めたために、信長と武田氏の対立は決定的になる。

長篠合戦

武田氏は徳川を攻撃している最中に、武田軍の大将であった信玄が死亡。

この影響で武田軍は撤退を余儀なくされる。

 

これをチャンスと見た徳川軍は一気に反撃を行い、奪われた徳川領を取り返した。

しかし武田軍も黙ってはおらず、信玄の後継者となった勝頼は徳川領の長篠城を包囲した。

 

この時、まだ長篠城に徳川・織田連合軍の援軍が到着しておらず、長篠城は数日で落城させられてしまう状況だった。

しかし、織田・徳川軍の伝達役が命を懸けて「あと数日で援軍が到着するぞー!」と伝えられたことで長篠城の軍勢は奮起。

 

信長の軍勢は鉄砲軍団による、当時非常に斬新な作戦であった銃撃奇襲攻撃を行ったことで武田軍は大損害を被る

これで武田軍は大打撃を受けて撤退を余儀なくされる。

まとめ

信長は、当時非常に強力だった武田軍に致命的なダメージを与え、後に武田軍は滅亡する。

いよいよ信長の天下統一が近づいてきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*