織田信長についてのまとめ!⑭ついに本能寺の変へ・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、武田軍を破った長篠の戦いについて見てきたね。

織田・徳川連合軍による鉄砲隊作戦が見事にはまったんだったよね。

 

これ以後、信長は次々に戦国大名たちを下していく。

甲州や中国地方などを制覇し、もはや飛ぶ鳥を落とす勢い。

 

天下統一ももはや時間の問題か・・・と思われたときにあの大事件が発生してしまう。

 

本能寺の変までの経緯

信長は、更なる領地拡大に向け、四国の戦国大名・長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)を倒すべく臣下たちに命じて軍を派遣する準備をしていた。

また、臣下の一人・柴田勝家も富山を攻めることに成功し、どんどん領地が広がっていった。

 

家康が信長の甲州侵攻成功を祝いに来るなど、まさに順風満帆といえる状況だった。

 

そんな中、高松方面を攻めていた羽柴秀吉から援軍要請を受ける。

信長はこれに対して重臣の一人・明智光秀を高松へ向かわせる。

 

しかし・・・・。

本能寺の変

明智光秀は、秀吉のもとへ向かう途中、突然踵を返して京都へ向かい始める。

臣下たちには「信長を倒しに行く」とは言わず、ただ目標変更になったとしていた。

 

そして光秀は中国地方へ攻めに行くため準備していた本能寺を包囲する。

信長は寝込みを襲われた形になったものの、自ら槍をもって奮戦。

 

しかし光秀の軍勢にはかなわず、死を悟った信長は本能寺に火を放ち自ら命を絶った。

まとめ

実は、明智光秀がなぜ信長を裏切ったのかについてははっきりわかっていない。

戦国時代の大きなミステリーの一つになっている。

 

この光秀のまさかの裏切りによって、信長の天下統一は目前にして頓挫してしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*