織田信長についてのまとめ!⑦姉川の戦いで浅井長政を撃破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、織田信長の上洛について見てきたね。

浅井長政と組んで六角氏を撃破して、三好氏も今日から追い出すことに成功したんだった。

 

しかし、今度はその浅井長政と敵対することになってしまう。

どういうことか詳しく見ていこう。

朝倉義景と信長の対立

信長は上洛以降、越前の朝倉義景にたいして「京都に来てくれんか?」と再三お願いしてきた。

しかし何かにつけて朝倉氏は信長の要求に応じようとしない。

 

どうもい信長に従うのが嫌だったらしい。

 

これに業を煮やした信長は越前侵攻を決意。

徳川と織田で連合軍を組み、越前へ攻め入る。

 

浅井長政の裏切り

もともと信長と同盟を組んでいた浅井長政だけど、実は朝倉氏とは前から同盟を結んでいて非常に仲が深かった。

そのため信長を裏切って織田軍の背後から攻撃を仕掛ける。

 

思わぬ形で織田軍は朝倉軍と浅井軍に挟み撃ちにされてしまうことになった。

さすがに危険だったので徳川・織田連合軍は退却する。

 

そしてお互い兵を整え、決戦に臨む。

姉川の戦い

織田・徳川連合軍と朝倉・浅井連合軍の大決戦は、姉川という川を挟んで始まった。

決戦開始直後は大激戦となりお互い一歩も引かなかった。

 

しかし、途中徳川家康は「敵の軍が横に間延びしてる!」ということに気づいて横から攻めるように部下に命じる。

この策がはまって敵は敗走。

見事織田軍の勝利だ。

まとめ

浅井長政は生き延びたけど、浅井軍はとんでもない打撃を受けた。

いままで重用してきた部下たちの多くがこの戦いで死んでしまったんだ。

 

浅井長政はこの後どんどん勢力が弱まっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*