織田信長についてのまとめ!②信長が弟を謀殺!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、今回からは織田信長の戦国大名としての人生について見ていくよ。

織田家の支配していた尾張は、実は2つに分かれていた。

 

今回はまずこの家督争いから見ていくよ。

 

清洲織田家と岩倉織田家

織田信長が生まれた当時、尾張を支配していた織田家は大きく2つに分裂していた。

信長は清洲織田家の出身ね。

信長が父親の跡を継いで織田家の家督を相続しようとしたとき、まず同じ清洲織田家の一人、織田信友が「いやいや、信行(信長の弟)の方が家督を継ぐのにふさわしいでしょ。」と言い出して対立する。

 

信友は信長を殺害しようと謀殺計画を立てていたんだけど、これが密告によって信長にバレる。

これに対して信長は信友を殺害。

 

その後は岩倉織田家も支配下におさめ、着実に清洲織田家を強めていった。。

弟・信行との対立

信長が家督を継ぐころ、織田家は尾張の近隣国・美濃の戦国大名斎藤家と同盟を結んでいた。

その証として斎藤家の娘である濃姫と信長が政略結婚していた。

 

そんなある日、信長のお義父さんにあたる斎藤道三が息子に攻められ敗死してしまうという事件が起こる。

これを救援すべく信長が自ら救援に向かうんだけど、敵が強くて退却せざるをえなかった。

 

これを見ていた信行側は、「あれ?信長って実は全然ダメダメなんじゃない?尾張のトップとしてどうなの?」と思いはじめ、やがて挙兵するに至る。

この作戦は失敗に終わるんだけど、まだあきらめきれなかった信行はもう一度信長を殺そうと策を考え始める。

 

このことを密告された信長は、「俺病気になっちゃったから俺ん家きて・・・。」とウソをついて呼び出し、そこで逆に謀殺する。

 

こうして自分の命をつけ狙う親族はいなくなり、完全に尾張のトップとして君臨することになる。

 

まとめ

ようやく尾張を制覇した信長だけど、これからまだまだ苦難は続いていく。

次回は、桶狭間の戦いについて見ていこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*