江戸時代の農村ってどんな感じなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は江戸時代の身分制度を全体的に見てきたけど、今回は特に「農民」に焦点をあてるよ。

江戸時代の農民の一番大きな役目は、農作物を作って決められた年貢を納めること。

 

勧善懲悪系の時代劇とかで、勝手に年貢の税率をあげて「お主も悪よのう~」とか言ってる悪代官様と苦しむ農民・・・みたいなイメージがあるよね(実際にはあんな露骨な代官はいなかったみたいだけど)。

 

実際どんな感じだったのか見ていこう!

農村の仕組み

まず農村の一番メインな人たちが、本百姓。田畑と屋敷を持っていて、年貢や幕府から命じられる役目を果たす義務がある農民たち。村の政治にかかわることが出来たよ。あと、「名子」っていう本百姓の奴隷のような農民を抱えていたよ。

 

次に、水呑百姓。自分の田畑を持っていなくて、年貢を納めるだけの収穫がない農民たちのことを言う。名前の由来が「水しか飲めないほど貧しい農民」ってとこから来てるくらい貧しくて、村の政治にも関われなかったという・・・。

 

で、この本百姓や水呑百姓のボスになっていたのが、名主・組頭・百姓代の三役職。村方三役とも言われる。

 

名主は村のトップで、年貢を割り当てたり法令を伝えたりと、村の政治全般を扱っていたよ。

面倒なことに、関東では名主って呼び方なんだけど関西では庄屋、東北では肝煎って感じに呼び方が違うんだ。注意ね!

組頭は名主の補佐役。百姓代は、年貢の負担割合などを名主や組頭にかけあう役目で、名主と組頭が不正しないよう監視してるイメージだね。

農村の制度

村を運営していく上で、何するにしてもある程度の予算が必要だよね。そこで作られた制度が村入用。

学校とかでよくある集金みたいな感じで、村の人々から徴収していた。

次に、村八分って制度。これは悪いことした時に受ける罰みたいなもので、村の掟に反した村民を、他の村民と関われなくしてしまうというかなりキツい罰。

このほかに、村全体が負う責任が村請制。一つの村で生産される農作物に対して一定の税(年貢)を納めさせる制度。年貢ってのはこの村請制によるものだったんだね。

 

最後に、五人組。5世帯を一つのグループにして連帯責任を負わせることで、お互いが年貢をちゃんと払っているか、悪さしていないかをお互いに監視させるシステム。これは結構有名だよね。

 

今回はここまで。次回は「年貢」について詳しく見ていくよ!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*