日本国憲法の特徴とは?簡単にわかりやすく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

GHQの占領政策の中でも、とりわけ現代にも影響をおよぼしているものがある。

「日本国憲法」の制定だ。

 

日本国憲法はそのでき方や内容が、すごく独特だ。

それに、「世界で一番長い間改正されていない憲法」としても有名なんだよ。

 

そんな日本国憲法が一体どういうものなのか、見ていこう。

 

日本国憲法を簡潔に!

 

日本国憲法と言ったらまずは「三つの要素」だよね。覚えてるかな?

  1. 国民主権
  2. 基本的人権の尊重
  3. 平和主義

だね。

 

基本的人権の尊重や国民主権のことを「民主」という。

つまり基本的人権の尊重や、国民主権が憲法で定められている日本は「民主的な国」ということができるわけだ。

 

ポツダム宣言での約束事で、「日本は民主的な政府をつくれ」と言われていたからこれは当然のことだね。

 

この3つの要素のうちで、一番特徴的なのはやっぱり「平和主義」の部分。

みんなもよく聞くであろう、「憲法9条」に書かれているやつだ。

 

9条では、

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

と定められている。

 

日本国憲法ができるまで

 

日本国憲法は、冒頭でも言った通りでき方が特殊。

この憲法は日本が全部日本が考えた・作ったものではないんだ。

 

最初は日本政府が組んだ委員会によって、憲法の案が作られていたんだけど。

GHQは極秘で「マッカーサー草案」という日本人が全くかかわっていない憲法案を作っていた。

 

で、GHQ側はこのマッカーサー草案を日本へ渡して「これをもとに憲法作れ」と半ば脅しをかけた。

結果として日本側はこれを受け入れて、マッカーサー草案をもとに若干修正して誕生したのが「日本国憲法」なんだ。

 

日本国憲法の問題点

 

日本国憲法は、その内容がすんごく「民主的」で当時からしても「進んでいる」憲法だったからすごく評価は高い。

ただ、いくつか問題点として議論されていることがある。

 

中でも大きいのが、この憲法のでき方について。

 

実は、日本国憲法が「GHQの作ったマッカーサー草案が元になっている」という点で批判が多いんだ。

マッカーサー草案を作った人たちの中に憲法の専門家は一人もいなくて、いろいろな国の憲法の見よう見まねで草案を作り上げた。

 

参考にしたものの中には日本人が書いた草案もあったから、全部が全部日本のものではないとは言えないけど、「日本人が作った憲法!」とは言い切れないのが現状なんだ。まして専門家が作ったものでもないというね。

 

だから「日本国憲法はそもそも無効だろ!」という学者さんもいるくらい。

 

冷戦が発生すると・・・。

まあなんやかんやあっても、何とか完成した日本国憲法は1947年の5月3日に施行された。

 

これにて、日本は戦力を持たない平和主義な国になるはず・・・だった。

 

だけど冷戦が発生して、共産主義が日本にまで流れ込んでくるようになると、アメリカ側は「日本を再軍備して対抗させなきゃ」と考え始める(これは今まで何回か言ってきたね)。

 

そこでGHQは「憲法改正しろ!9条変えろ!」と言い出す。

だけど当時の日本政府はこれを断固拒否して「絶対変えねえ!俺らは平和に生きるんだ」と返す。

 

GHQ側は、しょうがないので軍事力を持ってるけど「軍隊」ではないグレーな組織を作らせた。

これが自衛隊の前身なんだ。

 

余談:芦田修正って?

 

憲法9条問題のきっかけになってるのが、マッカーサー草案を日本側が修正するとき、憲法9条を修正したこと。

 

マッカーサー草案の平和主義の項目では

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

って感じだったんだけど、修正(この修正は特別に芦田修正ともいわれる)によって

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

に変わった。間違い探しか!

 

だけどこの赤字の一言が超重要。

 

1.のとこでは「侵略戦争はしませんよ~」ということを言っているんだけど、2で「前項(侵略戦争をしない)の目的を達するため」と入れることで、「侵略戦争のための戦力“は”持ちませんよ」という意味に捉えることができるようになった。

 

侵略戦争のための戦力は持たないけど、「自衛戦争」のための戦力なら持ってもいい、と判断できるわけ。ヘリクツみたいだけど。

 

このちょっとした一言の修正が原因で、未だに論争が起きているんだ。

「9条では自衛戦力による自衛権が認められているのか」とか「自衛隊は戦力なのかどうか」とか・・・。

 

ホントについ最近(2018年の9月)、安倍首相が改めて「9条に自衛隊の項目を入れる憲法改正を目指す!」と発言したりもしてたね。

今まさに憲法が改正されるか否かの大きな局面だから、ニュースとかよく見るようにすると面白いかもね。

 

まあ詳しいことは「政治経済」の内容になっちゃうかな、と思うんで今回はこの辺で。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*