南北朝文化の特徴・書物についてわかりやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

室町文化として、南北朝文化と北山文化、東山文化があるね。

文化史を覚えるのが得意な人もいれば苦手な人もいると思う。

今回は南北朝文化の特徴を押さえて一つ一つ作品を確認していこう。

 

南北朝文化の特徴

南北朝文化は、名前の通り、南北朝の動乱期の文化のことなんだ。

時代の転換期であったこの時期におこった歴史意識の高まりと、

畿内の新興武士層の新しい時代感覚を背景として起こった文化が、南北朝文化なんだ。

 

南北朝の時代には、歴史や軍記物語などが多く作られているんだ。

次で一つ一つ作品を確認していこう。

 

南北朝文化の作品

ではいまから、重要な作品と特徴を説明していくからぜひおさえてほしい。

まず、歴史書からみていこう。

 

・『増鏡』

増鏡は、源平の争乱から建武までの約150年間もの歴史を公家の立場から記した書物なんだ。

著者は二条良基ではないかと言われているけど、確かではないんだ。

 

・『神皇正統記』

神皇正統記とは、北畠親房によって記された書物で、南朝の立場から皇位継承の道理を説いているんだ。

神皇正統記では、大義名分論に基づいて、南朝の正当性を主張しているよ。

 

・『梅松論』

梅松論は足利尊氏の幕府創立を中心にした南北朝時代の戦記なんだ。

持明院・大覚寺両党の分裂から足利氏の政権獲得までの過程を武家の立場から記しているよ。

著者は、細川家の関係者ではないか?と言われているよ。

 

次に、軍記物語をみていこう。

・『太平記』

太平記は、後醍醐天皇の討幕計画から鎌倉幕府の滅亡、建武の新政の開始から南北朝の対立を経て、

管領細川頼之が足利義満を補佐するために讃岐から上京するための約50年を描いた物語なんだ。

内乱期の戦乱と、社会的変革が生き生きと描かれているよ。

 

どのような書物であるかわかるだけでも少しは文化を理解しやすくなるよね。

 

次は、注釈書について見ていくよ。

最低限抑えてほしい注釈書は、『職原抄』『建武年中行事』の2つだ。

 

・『職原抄』

職原抄は日本の官職制度をまとめた本なんだ。

日本の官職制度について、由来・官位・唐名などにふれて、

任官のための家格や慣例についても解説しているんだ。

 

・『建武年中行事』

建武年中行事は後醍醐天皇によって書かれた注釈書で、

朝廷の年中行事を月ごとにまとめたものなんだ。

 

『職原抄』も『建武年中行事』も、両方とも朝廷政事の本来のあり方を示そうという政治的意図のもとに書かれたものなんだ。

 

他に南北朝文化の時代に流行ったものだと連歌があるよ。

 

連歌では二条良基によって『菟玖波集』という歌集が出版され、

また連歌の規則書として『応安新式』が出版されたんだ。

 

連歌は公家・武家を問わず、広く流行したよ。

 

またお茶の飲み分けをする『闘茶』も流行した。

 

このような南北朝文化は、のちの北山文化や東山文化につながる室町文化の基礎となったんだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*