近江聖人・中江藤樹の思想は?朱子学から陽明学に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、神道に儒学の思想を合わせて「垂加神道」という新しい神道を生み出した山崎闇斎について見てきたね。

闇斎は朱子学をメインに学んでいたよね。

今回紹介する中江藤樹は、最初朱子学を熱心に勉強していたんだけど、のちに江戸時代に「陽明学」を最初に講義した人物となる。

 

詳しく見ていこう。

 

近江聖人と呼ばれた中江藤樹

中江藤樹は、農家の長男として生まれた。

9歳で武士であった祖父の養子となって、のちに家を継いだ。

しばらく藩に仕えていたけど、27歳の時「お母さんに孝行がしたいので藩やめさせてくれませんか・・・」とお願いしたら拒否される。

 

だから藤樹は藩を抜け出して京都に一時身を潜め、その後故郷である近江(滋賀県)に戻った。

 

そこで藤樹は私塾「藤樹書院」を開いた。

ここで藤樹は最初朱子学に夢中になっていたが、やがて陽明学に傾倒していく。

 

陽明学は、朱子学に対するものとして生まれた儒学のひとつ。

朱子学がどちらかというと「理想論」を語っているのに対して、陽明学は「実践」を非常に重視した。

真の意味で「知る」ためには、実際になにかやってみないと得ることはできない、という「知行合一」という考え方が根本にある。

 

この陽明学は、中江藤樹が日本で初めて講義した学問として有名だ。

 

藤樹は、身分の上下に関係ない「平等」の考えを広め、これは近江の武士や農民、商人たちに浸透していった。

そこから、誰が言い始めたともなく「近江聖人」と呼ばれるようになった。

まとめ

中江藤樹は、日本に陽明学を持ってきた、日本史上とても重要な人物だ。

藤樹に学んだ人物として、あの熊沢蕃山もいる。

 

次回は熊沢蕃山について見ていこう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*