最上徳内は蝦夷地探索の最大功労者!その人生がすごい。【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回からは未知との遭遇、もといラクスマン来航について見てきたね。

幕府にとってロシアとの初接触となったこのラクスマン来航では、貿易交渉は失敗したものの双方得るものがあったんだったね。

 

今回からは日本でロシアに一番近い地域、「蝦夷地(北海道)」を探索した功労者に迫るよ。

蝦夷地探査最大の功労者。

最上徳内、近藤重蔵、間宮林蔵と、有名な蝦夷地探索の功労者は何人かいるけど、一番蝦夷地探索に貢献したのは、最上徳内だ。

 

生まれは貧しい農家だったんだけど、数奇な人生を歩むことになる。

 

徳内は長男にもかかわらず、家のことを弟たちに任せて勉学に励んだ。

 

するとある時、当時勉強を教わっていた先生から「俺の代わりに蝦夷地の探検に参加しないか?」と言われ、荷物持ちとして参加。

 

ちなみにこの蝦夷地探索は、田沼意次が実施したものね。

 

ここから徳内の激動の人生が始まるんだ。

アイヌ、ロシア人と交友関係を深めた数少ない人物

徳内は蝦夷地に行くと、蝦夷地のあちこちを探索するとともに、先住民であるアイヌと親交を深めていく。

今は北方領土と言われている、国後島や千島列島、択捉島にもアイヌに案内してもらって行くことができた。

 

また、択捉島に住んでいたロシア人ともアイヌを通じて友好関係を築き、ロシア事情を学んだ。

 

このコミュ力、とんでもない・・・。

 

こうして徳内は蝦夷地探索の功労者として認められることになる。

 

前編まとめ

奉公先で学問を教えてくれていた先生の提案から、蝦夷探索の功労者とまで言われるようになった最上徳内。

しかし徳内の激動の人生は始まったばかり。

 

この後彼はなんと「牢獄」に入れられることになってしまう!

 

一体なぜなのか・・・。この続きは後編で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*