明和事件を分かりやすく。竹内式部はどうなった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、宝暦事件について見てきたね。

 

竹内式部が朝廷に垂加神道、尊王論を持ち込んだことで公家がノリノリになってしまい、倒幕まで考え始めて弾圧される、という事件だった。

 

これで終わったかと思いきや、これには続きがあった。

 

それが、明和事件だ。

 

山県大弐(やまがただいに)が尊王論を唱える

甲斐国(山梨県)出身の山県大弐(やまがただいに)は、医学や儒学を京都で勉強しているときに「尊王思想」を抱くようになる。

 

山梨に帰ってきてからはその尊王思想を人々に説いて回った。

 

その後江戸に医者として出向き、大岡忠光らに仕えたけど、忠光が死んだあとは私塾を開いてそこで尊王論や兵学、儒学を教えるようになる。

弟子が発端で死罪に!?

山県の私塾には、群馬県にある小幡藩から藤井右門も門弟としてやってきていた。

 

そんな折、小幡藩のゴタゴタが発生、そのとばっちりで門弟の一部が幕府に「ウチの塾の先生、なんか尊王思想とかいって幕府倒そうとしてますぜ」とチクられ、藤井右門共々山県は死刑に処されてしまう。

 

さらにとばっちりで、宝暦事件の時追放処分になっていた竹内式部は、危険思想の持ち主だからと流刑に処される。

まとめ

こうして、幕府は尊王思想をもつ人を徹底的に弾圧していった。

 

ところで、実は山県や竹内式部らが尊王思想を抱いたのには、幕府が指示していた朱子学に「ある教え」があったからなんだ。

 

次回はその朱子学の「ある教え」について見ていくよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*