明治維新をわかりやすく。明治維新の真相なんてどうだっていい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

明治維新。

俺は怒ってるよ。最近になって、明治維新の真実だとか、明治維新の真相だとか、明治維新はすべてイギリスのフリーメイソンが主導したとか、そんなことはどうだっていいんだよ!

ノットマイビジネスさ!!俺ら大学受験の日本史組は明治維新がなんなのか?わかりやすく知ればいいだけ。

明治維新の真相なんか知ったって受からねぇんだよ!!ゴメンな。取り乱しちゃった。よ、明治維新についていってみようか。

 

明治維新とは?

明治維新ってのは、

薩長の下級武士が近代化に向けていろいろ頑張ったこと!!

そんだけ!

 

古い江戸幕府を体制をほぼ一から作り直して、富国強兵、殖産興業をスローガンに掲げて日本を改革しようとしたことだね。

この一連の活動を明治維新って言うんだよ。

明治維新で改革しようとしたことは、法律、中央官制、教育、身分、お金、流通、軍事力、経済、宗教、文化、思想などなど、とっても多岐に渡るし、それぞれで改革にかかる時間も異なるじゃん。

だから、明治維新ってのは、ここからここまで!って明確な線引きが難しいわけ。

基本的な考えとしては、1868年あたりから、1889年の明治憲法までの20年ちょっとの期間を指すよ。

大政奉還と王政復古の大号令が1867年10月~12月にかけてだったよね、翌年の1868年には戊辰戦争が繰り広げられると同時に、五箇条のご誓文が明治新政府から出されたから。

このあたりから明治維新がスタートし、近代化に向けていったってイメージかな。

 

明治維新を知るための資料

明治維新は、「御一新」とも呼ばれているよ。

物事を新しくすることを一新って言うでしょ。それに御をつけたって覚えればいいね。御一新は大政奉還から廃藩置県までのことを指していて、実際に状況が大きく変わった出来事を指して、御一新って言うんだわ。

そんな明治維新を知れる資料が用語集にも記載されているから早慶目指す組は覚えておこう。

 

『大日本維新史料』

これは1911年に出された資料ね。1910年に韓国併合があったから、その翌年。

1846~71年までを対象にしていて、開国から実際の明治維新が始まったころまでについて詳細に書かれているらしい。まぁ、「この時期に何があったのかな?」とまとめていく作業で作られたのが大日本維新史料だよ。

この資料で公式に明治維新という言葉になったらしい。

『維新史』

こっちは1939~41年にかけて出された明治維新の政治史についてだね。期間は同じく1846年~1871年までの出来事。

第二次世界大戦が始まるころに明治維新について書いた本が出されるなんておもしろいね。
両方とも文部省に接しされた明治維新編纂会ってとこが書いてるよ。

 

 

これが明治維新ってなんなの?ってことだね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*