松尾芭蕉ってどんな人?奥の細道で俳諧が芸術に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、俳諧の歴史について詳しく見てきたね。

元禄時代、松尾芭蕉の登場によって大きく俳諧の歴史が動いたよね。

 

今回はそんな俳句界のゴッド・松尾芭蕉に迫っていこう。

松尾芭蕉ってどんな人?

芭蕉は幼少のころから俳諧に親しんでいた。10代のころからすでに俳諧を習っていたんだ。

 

大人になってからは江戸で武士・商人たちに俳諧の先生としていろいろ教えながら、自分も俳人として作品をいくつも作る。

有名なのは、

古池や 蛙飛び込む 水の音

という句。

 

この句の何がすごいって、読んだ後に「ちゃぽーん・・・」っていう水の音が本当に聞こえてきそうになるところ。

 

芭蕉の俳句は、このような「句に書かれていない部分=余韻」が特徴だ。

奥の細道で、数々の名句が生まれる

芭蕉が晩年近くなったころ、東北地方・北陸地方を旅した内容を、俳諧を交えて書き記した「奥の細道」が生まれる。

 

奥の細道では、たくさんの名句が収録されている。

 

夏草や兵どもが夢の跡 (なつくさや つわものどもが ゆめのあと)

閑さや岩にしみ入る蝉の声 (しずかさや いわにしみいる せみのこえ)

五月雨をあつめて早し最上川 (さみだれを あつめてはやし もがみがわ)

荒海や佐渡によこたふ天河 (あらうみや さどによこたう あまのがわ)

 

まとめ

芭蕉の句は、現代に生きる僕らでも感動できる。句の美しさが全く色あせないのは、芸術として完成されているからだね。

芭蕉は、まさに日本を代表する俳人なんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*