縄文時代の石器の特徴をわかりやすく!磨製石器って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、縄文土器について見てきたね。

土器は縄文時代を紐解くうえでとても重要なものだったけど、『石器』も旧石器時代から大きく変化した。

 

今回は、縄文時代に用いられた石器について詳しく見ていくよ。

磨製石器とは?

旧石器時代、日本で使われていた土器は「打製石器」がほとんど。

ごく一部だけ磨いてある石器もあったんだけど、基本的にはただ石を打ち欠いただけの打製石器。

 

それが縄文時代(新石器時代)に入ると、打製石器から派生した磨製石器が使われるようになる。

 

打製石器の荒削りな部分を、さらに石で磨いて凸凹をなくすことで、切れ味が打製石器と比べて大きく上昇した。

磨製石器の種類

磨製石斧(せきふ)

斧の刃の部分を磨いた石で作り、木の棒にさして作った斧のこと。

用途は時期ごとに少々異なっていて、前期までは「樹木の伐採」が主な用途。

 

切れ味が増した分、作業効率が上がったと言われている。

 

これが中期になってくると、「土を掘る」ことが主な用途になり、縄文時代後半になってくると「呪術・祭祀用」の石斧も誕生する。

 

石錐(せきすい)

文字通り、石でできた錐要するに手動ドリルだ。

先っちょに磨きがかけられていて、獣の皮などに穴をあけるために必要だったといわれている。

 

石皿(いしざら)・磨石

これは主にモノをすり潰すために作られた石器。

今でいうすり鉢とすり棒みたいなものだ。

石皿の上に木の実などをのせて、それを磨石でゴリゴリやって粉砕するという使い方だ。

 

石皿&磨石の使い道はたくさんあって、どんぐりをはじめとした山の恵みを粉砕して粉にするなどのほか、まな板代わりに使ったり土器の原料となる石を粉砕したり・・・。

 

縄文時代の多機能ツールだったんだ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*