間宮林蔵の子孫が現代も北海道に!?サハリン探検の功労者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、今回は江戸時代において蝦夷を探検した有名人3人の最後、間宮林蔵についてみていくよ。

間宮林蔵は樺太(サハリン)を探検したことで有名だけど、それ以前に間宮林蔵は幕府の「スパイ」として働いていたんだ。

 

そんな彼の功績を見ていこう。

 

樺太探検の本当の目的はロシアの諜報?

 

間宮林蔵は、もともとは利根川の堰を作る仕事を行っていた農民の子だった。

だけど、その仕事ぶりを見ていた幕府の役人が「コイツは使えるな」と思って幕府の下級役人に取り立てられる。

林蔵は、地理や算術の才能があったんだ。

その後蝦夷に派遣されて蝦夷の測量任務にあたっていた。

 

そんな最中、「ロシア軍艦蝦夷地襲撃事件」が発生する。

これについては次回の記事で説明するけど、ざっくり言うと「貿易しよううぜ~」と日本にやってきたロシアのレザノフという人が、断られた腹いせに択捉島や国後島を攻撃したという事件。

 

林蔵はこれに巻き込まれてしまったけれど、何とか撤退することができた。

 

その後は2回にわたって樺太の探索を行う。

この樺太探検は、測量の意味もあったけど、ロシアの動向調査の意味合いが大きかった。

レザノフがいきなり日本の領土に対して攻撃してきたりしたわけだから、今後何してくるかわからないからね。

 

1回目は樺太の西岸に「ここが日本国との国境だ!」と示す柱を立てることに成功する。

 

2回目ではさらに樺太の北まで行き、そこに住む人たちからロシアの情報について探りを入れていたという。また、この2回目の探検で樺太が半島じゃなくて島なんだということを確認したよ。

 

林蔵の子孫がいまも北海道に

 

林蔵が蝦夷地で任務に当たっていたころ、アイヌ人の女性との間にひとりの 娘が生まれていた。

 

この娘の子孫が今も北海道に住んでいるということが研究家の調査で明らかになった。

まとめ

間宮林蔵は晩年、幕府のスパイとして日本のあちこちに赴いていたそう。

変装がめちゃくちゃ上手かったため、数々の成果を上げたという。

 

単なる探検家だけでない才能も持っていたんだね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*