牧の方事件(牧氏事件)で分かる、「牧の方」のヤバさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は「些細な喧嘩」から起きた、北条氏と畠山氏の間の戦い「畠山重忠の乱」を見てきたね。

畠山重忠の息子である重保と、時政&牧の方の娘婿・平賀朝雅の間で起こった諍いを大げさにして、畠山氏を討つ口実としたんだった。

 

結局畠山氏はハメられた格好で滅びてしまった。

 

無実の人を殺してしまった北条時政や奥さんの牧の方に対して、御家人たちはもちろんのこと、時政の子である義時・政子からも「さすがにやりすぎだよ」と言われてしまう。

こうして親子間での対立関係が明確になってくる。

 

そんな中で起きた大事件が、今日紹介する「牧の方事件」だ。

一連の事件の黒幕は「牧の方」だった!?

北条氏は自分の権力を高めるべく、梶原景時や比企能員・畠山重忠、将軍だった頼家など多くの人を殺してきたよね。

当時の北条家トップは時政だったから、基本的に作戦の最終判断は時政が行っていたと考えられている。

 

だけど、どうもこれら一連の計画を発案していたのは時政じゃなくて妻の「牧の方」だったというんだ。

特に、頼朝が死んだ後の策は全部牧の方が考えた、とまで言われている。

 

研究によると、この牧の方はとんでもなく「権力」を欲しがってて、そのためには手段を選ばない“ヤバいやつ”だったらしい。

北条親子がついに決裂、時政は…。

そんな時政・牧の方夫婦が次に打ち出した策は、当時の将軍だった3代・源実朝を殺して娘婿の平賀朝雅を将軍にする、というものだった。

頼家も幽閉した上殺害したというのに、また将軍を暗殺しようとし始めた時政たちを見て、子の義時や政子も「さすがにそれはダメだ」と考え対立する。

まあ義時が時政と対立した理由の半分は「無実の畠山氏を殺した北条氏に不満をもった御家人」たちを味方につけるためでもあったんだけどね。

 

義時と政子は協力して御家人たちの大半を味方につけ、時政に「もうアンタに従うやつは居ないよ、とっとと鎌倉から出ていきな!」と迫る。

さすがに多勢に̥無勢の時政たちは何もできず、出家させられることに。

 

これ以降、時政と牧の方は二度と政権に戻ってくることは無かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*