前島密は郵便制度の父と呼ばれる人物。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日も殖産興業の1つ、郵便制度についてだ。

江戸時代は飛脚がお手紙を運んでいたんだけど、これをぜーんぶ官営事業としてやっちまおうぜ!というのが郵便制度だね。

それまで、郵便・切手・葉書って言葉は日本に存在しなかったんだけど、この前島密がこれらの言葉を生み出したんだよ。

まさに郵便制度の父だね。

前島密の郵便制度

前島密はとっても頭の良い人でね。

頭が良いってより、勉強熱心な人で医学・漢学・蘭学・英学と様々な学問を学んでいたんだよ。そして。明治新政府では駅逓頭(えきていとう・えきていのかみ)という役職を務めて、郵便制度に力を注いだわけ。

前島密が郵便事業を開始したのは、1871年のこと。

※駅逓ってのは、郵便の古い言い方ね!

今までの飛脚の事業を国が買収して、官営にしたのね。で、郵便箱を全国に設置したり、郵便切手制度を導入したり、郵便配達をする人を採用したりと、郵便制度を確立していったのね。

すごいんのが、全国均一料金制にしてさ。みんなが郵便制度を活用できるようにしたわけ。

前島密はイギリスで近代的な郵便制度を学びにいって、それを日本に輸入する形だっただね。

今じゃ当たり前のようにある、ゆうちょ銀行ってあるじゃん?郵便貯金だよね。あとは、簡易生命保険。かんぽだね。

これらなんかも前島密が導入したんだよ。

 

○電話の輸入

1877年にはアメリカから電話を輸入したよ。人々の生活に浸透するのは少し時間がかかったんだけど、官庁の間で実験的に採用されたの。

で、1889年には逓信省が東京・熱海間で公衆市外電話の取り扱いを開始したね。

○万国郵便連合条約

これは用語集だと2用語なんだけど、一問一答集に載っているから紹介するよ。

万国郵便連合ってのがあってね。1874年にスイスで締結された郵便物好感情の国際協力なんだけども、日本は1877年にこの条約を結んで万国郵便連合に加入しているの。ちょうど電話の輸入を同じ年だと考えればオッケーだね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*