秋月の乱と萩の乱。前原一誠は覚えておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

引き続き士族の反乱だ。

秩禄処分・廃刀令・徴兵令の一連の流れによって士族は自分の居場所を失くしちゃうよね。

そんな士族は明治政府に対して、不満を爆発させて反乱を次々に起こしていくでしょ。前回は神風連の乱をやったわけで、それに呼応する形で秋月の乱・萩の乱が起きるわけなんだわ。

ここで、前原一誠っていう人物がなかなかの人物だからしっかり覚えておいてよ。

秋月の乱・萩の乱

ちょっと整理してまとめてみようか。

神風連の乱 → 熊本
秋月の乱 → 福岡
萩の乱 → 山口

このあたりは資料集を見ながら覚えるといいよ。山川出版の一問一答日本史B用語問題集だと、中心人物まで載っているから、早慶を目指している人はそこまで覚えてもいいかもしれない。

神風連の乱 → 熊本 → 太田黒伴雄(おおたくろともお)
秋月の乱 → 福岡 → 宮崎車之助(みやざきしゃのすけ)
萩の乱 → 山口 → 前原一誠(まえばらいっせい)

この秋月の乱と萩の乱に関しては、神風連の乱に感化されて士族が起こしたんだよ。

「熊本の士族やるじゃねぇか!俺らの黙ってられねぇから、暴れるぜ!!」

ってね。これはすべて10月の出来事で、それぞれの反乱の間隔は非常に短いの。神風連の乱では、予め「暴れるからよろしく!」という予告もあったらしいしね。

 

ここで注目してほしいのは前原一誠という人物だね。

 

前原一誠について

前原一誠は吉田松陰の下で学んでいた長州藩の藩士なの。

今までなんで名前が挙がらなかったのか不思議なくらい、尊王攘夷運動でも活躍しているし、八月十八日の政変でも三条実美に随行しているし、四国艦隊アベンジャーズとも戦っているし。

長州藩士として、明治新政府の建立に活躍している人物なんだよ。参議まで務めているしね。

 

そんな前原一誠なんだけども、徴兵令に対して反対の立場を取っていたのね。

徴兵令のところを思い出してほしいんだけど、まず大村益次郎が徴兵制をすすめていったけど、怪我して亡くなったよね。彼の意思を継ぐように山縣有朋が徴兵令をなんとか実現したじゃん。

前原一誠はこの山縣有朋のやり方が気に食わなくて、自分から明治政府を去って、萩に戻っているね。

で、萩の不平士族を集めて萩の乱を起こしたわけ。

 

せっかく明治政府のお偉いさんを務めていたのに、

「自分の考え方が、政府の方針に沿わないから辞める」

という結論を出すのってすごいなーって思うんだよ。

 

だって、一度手に入れた『おいしいポジション』じゃん。自分の考えなんて捨てて良い暮らしだったり、するよね。

でも、「自分の考え方が、政府の方針に沿わないから辞める」という結論を出すってのは、これこそが本当の政治家だな!って思うよね。やっぱり明治の政治家はかっこいいよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. かな より:

    前原一誠って参議まで務めていろんなことしてるのに、日本史だとこの萩の乱くらいしか出てこないんですね。

    1. jahistory より:

      そうですね。前原一誠はドラマにも起用されていますし、本当はもっと評価されても良い人物ですよね。
      でも日本史Bの参考書や問題集ではこの萩の乱でくらいしか登場しないですね。

コメントを残す

*