計数貨幣、秤量貨幣とは?江戸の金遣い、上方の銀遣いとの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

金座、銀座、銭座によって作られる金貨(小判)、銀貨、銭貨。

 

これらは町人同士の商売や大名の大口取引、あるいは庶民の間で用いられた。

 

ところで、江戸時代では銭の種類によって「価値のはかりかた」が違うってことを知っているかな?

 

詳しく見ていこう。

 

計数貨幣、秤量貨幣ってなに?

 

まず簡単に説明すると、計数貨幣「枚数」で数えられるもの。

 

金貨であれば「小判一枚で支払う」ということができるタイプ。

ちなみに小銭である寛永通宝も、計数貨幣だよ。

 

 

秤量貨幣は、「重さ」で数えられるもの。

例えば「銀貨一貫(約3.75㎏)で支払う」といったタイプだね。

 

このように、金貨と銀貨では価値の決め方が異なるんだ。

 

 

金貨や寛永通宝は、今のお金の使い方と同じだね。

 

 

金貨を数えるときの単位は「両」なんだけど、めんどくさいのがこれの補助単位ってやつなんだ。

小判っていうのは現代でイメージすると「一万円」みたいなもので(実際はもっと価値があったけどあくまでイメージね!)、もし単位が「両」だけだと「一万五千円」が払いづらいよね。

 

五千円分小銭を集めるわけにもいかないし。

 

そこで、「両」の4分の1を「分」、「分」の4分の1を「朱」という単位として運用したんだ。

これが4進法ってところが分かりにくい。今は十進法だからね・・・。

 

「二朱銀」と言えば「両」の1/8 の価値だし、「一分銀」と言えば「両」の1/4の価値ってわけだ。

 

江戸の金遣い、上方の銀遣い

 

実は金貨銀貨あったけれど、主に使われる場所や人が分かれていたんだ。

 

金(小判)は江戸を中心に使われていた。大名や武士たちが取引をする際に小判を使っていたよ。

ここから「江戸の金遣い」といわれる。

 

 

対して上方の銀遣いといわれるように、大坂を中心とした西日本では銀貨が使用された。

銀貨は主に商人たちによって使われていて、ここから「上方の銀遣い」といわれる。

 

そして小銭である銭貨は場所に関係なく、庶民が使うお金だった。

 

まとめ

 

江戸時代の貨幣はちょっと分かりにくいけど、しっかり覚えておくようにしよう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*