河竹黙阿弥は明治維新後非難を浴びる!?改名のナゾ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回、河竹黙阿弥は江戸時代では「二代目・河竹新七」として活動していた、という話をしたよね。

しかし、教科書などに載っているのは「河竹黙阿弥」

 

なぜこのような改名をしたのか。

その謎に迫っていくよ。

 

明治維新後の「演劇改良運動」

明治時代に入ると、「歌舞伎は演劇として不適切だ!」とする考え方が提唱されるようになる。

これを「演劇改良運動」という。

 

河竹が作っていたような「世話物」などは荒唐無稽だと酷評されるまでに至る。

というのも、明治維新によって文明開化(西洋の文化が入り込んできて、制度や文化が大きくへんかすること)の世の中になっていたのが大きな理由。

 

文明開化期の明治では「ヨーロッパこそ至高!ヨーロッパ風にしておけば万事OKだ!」という極端な考えまで出ていたんだ。

 

歌舞伎もその影響を受けて、西洋の劇に触発された人々が「歌舞伎はもっと高貴で道徳的な内容にするべきだ!」といわれてしまう。

 

こうした一連の運動で批判されたことにうんざりした河竹は、「うざい!ごちゃごちゃいうならもう何もしねえ!」といって「黙する」ことにした。

 

そこから黙阿弥という名前を付けたんだ。

まとめ

「黙阿弥に改名したってことは、その後の活動はしなかったのかな・・・。」と思いきや、実は黙阿弥ただ黙っていたわけではなかった。

演劇改良運動があらかた失敗に終わって終息したのを見計らって、また表舞台に登場したんだ。

 

生涯作品作りに尽くしたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*