貸本屋(レンタル本)が大流行!そのシステムとは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、今回からガラッと内容が変わって、宝暦・天明期の文学や芸能について見ていくよ。

 

今回紹介するのは、「貸本屋」。要するにTUTAYAみたいなもんだね。

 

貸本屋はなぜ誕生したの?

宝暦・天明文化の時代では、「紙」自体は庶民でもお手軽に手に入れられるほどのモノだった。

たいして高価なものではなかったんだ。

 

いちおうティッシュペーパーみたいなものもあったしね。(今のスコッティレベルの柔らかさはないけど(笑))

しかしこれが本となると話は変わってくる。

当時の印刷技術はまだまだ発展途上で、木版画や手書きによって少数出版されることがほとんどだった。

数が少ないから人気の本は高くなる。

そうすると、庶民はなかなか買えない。

 

そこで、「貸本屋」の出番というわけだ。

貸本屋のシステムって?

貸本屋の基本的なシステムは今のTUTAYAやGEOと何ら変わらない。

貸すときに「見料(けんりょう)」というレンタル代を払って本を借りることができる。

 

見料は高くなく、一週間強借りることができて、庶民の娯楽の一つになったといわれている。

 

貸し出されていたのは、幼児向けの絵本である「草双紙」、一種の官能小説である「洒落本」や、風刺小説である「黄表紙」などが多かった。

 

まとめ

貸本屋は江戸後期から大きく発展し、全盛期では江戸に656軒・大坂には300軒あったとも言われている。

まさに今のレンタルDVD屋の先駆けとなる存在だったんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*