柄井川柳(からいせんりゅう)は川柳の始祖!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回まで、俳句と川柳の違いについて見てきたね。

違いをちゃんと理解できたかな?

 

一番の違いは連歌から分岐した部分だったよね。

 

平句から分岐したのが川柳だったわけだけど、今回はその創始者である柄井川柳(からいせんりゅう)について見ていこう。

柄井川柳は「前句付け」の採点者!?

柄井は、江戸浅草の名主の子として生まれた。

 

40歳くらいで、初めて前句付けの採点者となった。

「前句付け」ってなんだっけ!?

 

前句付けは、連歌から派生した遊びの一種だったね。

連歌だと、発句に続いてどんどん下の句をくっつけていくわけだけど、これを「逆に下の句を先に考えて、気の利いた上の句を作れるか勝負したら面白そうじゃね?」という発想が生まれた。

これが、前句付けだ。

 

しばらくして、「もはや下の句を用意する必要もなくね?上の句だけで作ればいいじゃん」となって生まれたのが川柳というわけだ。

 

柄井は、自分が前句付け大会で採点者をやる中で、特に面白かったものをまとめた『俳風柳多留(はいふうやなぎだる)』という本を出版。

これが大ヒットし、後に「前句付け」は「川柳」へと変わっていく。

 

柄井は前句付け大会の採点者として、川柳ブームの火付け役となったわけだ。

まとめ

柄井川柳が良い句を選んでまとめ、出版していた『誹風柳多留(はいふうやなぎだる)』は167遍も出版されることになる。

それだけ、川柳が大人気になったんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*