狩野派の基礎を築いた画家・狩野永徳とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、城郭建築の内部の壁や襖などに描かれた絵画障壁画について見てきたね。

中でも濃絵と呼ばれるタイプの絵は、桃山文化を如実に反映した豪華なものだった。

 

さて、今回は桃山時代の障壁画で著名な画家・狩野永徳について見ていこう。

 

狩野永徳って何者?

狩野永徳は、代々画家として生計を立ててきた家系のもとに生まれた。

永徳の曽祖父の時代から、狩野家は室町幕府の御用絵師として活躍してきた。

曽祖父・狩野正信と祖父・元信によって狩野派が成立し、それを永徳の父・松栄が受け継いできていたんだ。

こんなすごい芸術家の家系だけあって、永徳も素晴らしい画家としての才能を持っていた。

 

永徳の描く障壁画は、信長や秀吉さえも虜にしてしまった。

信長の居城であった安土城、秀吉の聚楽第や大坂城などの障壁画を担当した。

 

桃山文化の障壁画は、ほぼ永徳によって成立したといっても過言ではないレベルだ。

永徳の代表作品は?

永徳が描いた障壁画は有名なものがたくさんあるんだけど、中でも「唐獅子図屏風」が最も有名だ。

歴史の資料集を開けばほぼ間違いなく掲載されている。

実際のサイズは縦2.2m・横4.5mという超ビッグサイズ。

金箔もふんだんに使われていて非常に豪華なことがわかるね。

 

まとめ

永徳が生み出した障壁画は、その多くが国宝として保護されている。

永徳によって狩野派は確立され、以後江戸幕府においても御用絵師として活躍していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*