荷田春満(かだのあずままろ)の思想は?国学発展に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、国学の祖である僧侶・契沖について見てきたね。

 

契沖は万葉集の注釈書『万葉代匠記』を書いたんだった。

 

今回見ていくのは、『万葉代匠記』を学んで国学を発展させた荷田春満(かだのあずままろ)だ。

国学の四大人・荷田春満

荷田春満(かだのあずままろ)は、江戸時代中期に活躍した国学者だ。

春満のころから古典を研究する学問を“国学”と呼ぶようになったよ。

 

春満は伏見稲荷大社の社家に生まれ、幼少を京都で過ごした。

そんな中、あるとき春満は契沖の記した『万葉代匠記』に触れる。

 

この本を読んだことで古典研究に興味を深めた春満は、

「儒教や仏教の影響を受ける前の、日本人がもともと持っていた精神に立ち返ろうじゃないか」

という新しい考えの神道、“復古神道”を提唱する。

 

神道っていうのは、八百万の神(どんなものにでも神が宿っているという考え方)を信じる多神教の一種。

 

春満をはじめとする国学者は、この復古神道こそ日本のあるべき姿だとして、仏教や儒教を強くはじきだそうとした。

 

まとめ

荷田春満の時代から、次第に提唱され始めた“復古神道”の思想。

後にこの「復古神道」の考え方は町人や農民、武士に広まって、明治維新後の政府のモットーとなっていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*