樺山資紀の蛮勇演説と第二議会の第一次松方内閣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

次は第二議会。

第一議会 → 第一次山縣内閣
第二議会 → 第一次松方内閣

このあたりを整理できながら暗記していくとマジ強いよね。第二議会=第一次松方内閣の目玉は樺山資紀の蛮勇演説だぜ!!

第二議会について

 

第一議会は山縣有朋の第一次山縣内閣だよね。

民党のやつらを買収してなんとか、予算案を通したんだけども「政費削減」の実施を受け入れざるを得なかったわけ。

 
『もう俺・・・自信ないわ・・・』

 

って山縣有朋は議会終了後に辞表を提出しちゃうんだわさ。

 

そこで、次にやってきたのが松方正義、第二議会を務める形になる。

期間は1891年5月~1892年8月と短命。

 

松方正義が第二議会を務めた時に、不運にも「大津事件」が起きちゃうんだよね!

大津事件ってのは、大津三蔵がロシアの皇太子ニコライを切り付けちゃった事件だね。

そのせいで、第一次松方内閣の大臣たちは次々と引責辞任をしていくの。

 

『松方くん、総理大臣やらない?第二議会で』

『やだやだやだやだー自信ないー!知っている人がみんなで閣僚務めてくれるなら、やるー!!』

 

って言って、総理大臣を務めた松方正義にとっては、結構ショッキングな出来事だったろうね。

 

 

さて、ここで第一議会で辞表出して辞めた山縣有朋思い出して。

なんとか、予算案を通したけど、「政費削減」を約束しちゃったんだよね。うんうん。

第二議会の松方正義は、なかなかこの「政費削減」に手をつけれてなかったの。そこで民党にボッコボコに非難されるのね。これで松方正義は衆議院の解散を決意するに至るワケ。

その解散のきっかけともなったのが蛮勇演説。

 

樺山資紀の蛮勇演説

樺山資紀(かばやますけのり)って人物が第一次松方内閣=第二議会での重要人物ね。

樺山資紀は山縣・松方内閣で海相を務めた人物。

 

1891年12月に民党の政費削減要求に対して、

『うるせー!ひっこんでろ!!誰のおかげで日本がこんなに豊かになったと思ってんだ!薩長だろ!薩長!さっちょう!』

と蛮勇演説した人物なんだわ。

 

松方正義が議会に提出した予算案では、第一議会で政費削減します!って約束したにもかかわらず、

前年度比650万円増の海軍費や製鋼所設立費を出してたのね。

これに衆議院の民党はブチ切れ。「はい、ムリです~。800万削減案出します~」としたわけ。

で、さらにもっと切れたのが樺山資紀ってわけ。

まぁ民党の予算削減案に真っ向から戦おうとして樺山資紀に、そりゃ民党はキレますね。もう収拾がつかないくらい大混乱になって・・・松方は衆議院解散ってわけ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. みる より:

    津田三蔵?

コメントを残す

*