縄文文化の”6区分”、縄文土器についてわかりやすく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

縄文時代と一言にいっても、実は6つの期間に区分けされている。

 

縄文時代に関する研究が始まった当初は前期・中期・後期の3つしかなかったんだけど、発見される土器や資料などに対する研究が進んだ結果、現在では6つになった。

 

今回は、縄文時代6区分それぞれの特徴についてざっくり説明していくよ。

縄文時代の6区分

 

縄文時代は、

  • 草創期
  • 早期
  • 前期
  • 中期
  • 後期
  • 晩期

この6つで成り立っている。

 

どうしてこのように分けられたのか。

実は、「土器」が関係している。

 

縄文時代に作られた土器は、この6つの期間それぞれで異なった特徴を持っている。

 

つまりこの時期区分は、「土器の種類による区分」ということを頭に入れておいてほしい。

縄文時代を単純に6等分したわけではないので注意だ。

 

AMS法(以前話したアレね)で測定した結果、おおよそ

  • 草創期・・・1万5000年前~1万2000年前
  • 早期 ・・・1万2000年前~7000年前
  • 前期 ・・・7000年前~5500年前
  • 中期 ・・・4500年前~3300年前
  • 後期 ・・・4500年前~3300年前
  • 晩期 ・・・3300年前~2800年前

となっている。

 

それぞれの区分での土器の特徴

縄文土器の全体的な特徴として、

  • 低温で焼かれている
  • 黒褐色
  • 厚手

がある。

しかし、土器の形や文様は時期によって大きく異なる。

 

草創期

約1万2000年前のものとされる、日本の歴史の中でも最も古いレベルの土器。

丸底で深い形をしている。さらに、年度をひも状にしてくっつけた文様が特徴(隆起線紋土器ともいう)。

 

早期

画像のように、草創期のものと比べて先端が尖っているのがわかるね(尖底深鉢土器)。

草創期の土器が丸底だったために地面に置いたりすると不安定だったんだけど、早期の土器は地面に先っちょを差し込んで使う。

 

前期

平底になって置いても安定する形に。「縄の紋様」が非常に鮮明になって、口の部分も豪華になってきたね。

関東地方などで広まった。

 

中期

ここにきて一気に装飾が豪華に。なんとも中二病感あふれるデザインだ。

まじめな話、この土器は炎が燃え盛るような形をしているため火炎土器とも言われているよ。

 

また、草創期から中期にかけてだんだん土器も大型化してきている。

 

後期

後期に入ると、今までと打って変わって小型化し、実用性がアップした。

デザインも落ち着いているのが特徴として挙げられる。

 

画像の土器は注口土器と言われる。

 

晩期

晩期では後期よりもさらに小型化、かつ芸術性の高い土器に昇華した。

紋様も複雑化して、より精巧になった。

 

画像の土器は亀ヶ岡式土器と呼ばれるものだ。

https://www.sekainorekisi.com/my_keywords/%E7%B8%84%E6%96%87%E5%9C%9F%E5%99%A8/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*