板垣退助の自由党と大隈重信の立憲改進党が結成される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、伊藤博文と政権の主導権を争っていた大隈重信は免官させられたね。

国会を早期に開こうとしたことと、開拓使官有物払下げ事件にも関係してるだろう!!ということで辞めさせられてしまったんだね。

伊藤博文の主張とはまったく異なる急進的な考えだったからね。

そんな大隈重信は政党を作ることになるんだよ。今日はそんな話。

自由党と立憲改進党

板垣退助 → 自由党
大隈重信 → 立憲改進党

これは中学校の歴史でも習う内容だけど、高校生はもっと詳しく見ていく必要があるね。

1881年に国会開設の勅諭が出されたことによって、10年後に国会が開かれるわけだから政党作りが急務になるんだよね。

○自由党

1881年に結党。国会期成同盟を中核として結成されて、板垣退助が総理になるよ。

主張:在権在民(国民主権)、一院制、フランス流急進論
基盤:農村

 

○立憲改進党

1882年に結党。明治十四年の政変で下野した官僚や新聞記者を中心に結成されて、大隈重信が総理になるよ。

主張:君民同治(くんみんどうち)、二院制、イギリス流の穏健な立憲君主制
基盤:商工業者、知識人
君民同治ってのは、君主(天皇)と国民の代表である議会が国を統治することだね。

 

自由党と立憲改進党はどうなるか?

結論から言うと、自由党は解散するよ。で、立憲改進党は実質、活動が不可能になっていく。

立憲改進党について最後まで説明しちゃうと大分、年代が飛んじゃうから、大隈重信脱退までにしておくよ。

 

せっかく10年後に国会が開かれる!という公約が出たのに、自由党も立憲改進党もそこまでもたなかったんだね。

解散した理由と原因についても理解しておこう。

 

○自由党

集会条例で明治政府に弾圧されたり、内部の過激な急進派が次々と事件を起こしてしまうよ。

過激な急進派が事件を起こす → 集会条例で厳しく取り締まられる

という悪循環に陥って、1884年10月末に解散。

 

○立憲改進党

同じく1883年頃から集会条例で明治政府から厳しく弾圧されるよ。解散する案が出るも、内部で揉めに揉めて、1884年に大隈重信が脱党。

 

 

まずは、

国会開設の勅諭が出され10年後に国会が開かれる

政党を結成していく

集会条例で厳しく取り締まられる

衰退していく
この流れをしっかり理解しておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. りょう より:

    国会開設の勅諭が出されたのに、自由党の過激事件が起きるところあたりが良くわからなかったのですがクリアになりました。ありがとうございます

    1. jahistory より:

      良かったです!
      国会開設の勅諭は「10年後に開くよ」ということですので、自由民権運動を抑えつける意図もあったんですよ。
      でも実際は、政府の政策に不満をもった人たちが政党を通して運動するんですけどね。
      それをさらに明治政府が集会条例などで取り締まるものですから激化していくんです。

  2. ゆーちょん より:

    初めてブログを見させていただきました。現在高2、四月から高3です。
    学校でまだ日本史はやっていないのですが予備校では江戸時代直前くらいまで受け終わりました。
    そこで初め~江戸時代初めらへんまでをこのブログで見たいと思ったのですがどこにあるのかがわかりませんでした。該当箇所の項目は書いていらっしゃいますか?もしあるなら見たいです。(まだこのブログの見方や説明など把握しておらず的外れな事を言っていたら申し訳ございません)

    1. jahistory より:

      ゆーちょんさん

      受験頑張ってください!
      このブログは今年からスタートしておりまして、江戸の開国から書いていっています。
      開国以降かが近現代まで書き終わったら、江戸から遡って書いていくつもりですので、どうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

*