十返舎一九の名前の由来は?滑稽本の代表作も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、滑稽本『浮世風呂』を著した滑稽本作者の式亭三馬について見てきたね。

庶民の生活を克明に描いたことが評価されていたんだよね。

 

今回見ていくのは、三馬と同じ「滑稽本」の作者、十返舎一九について見ていこう。

 

もともとは武士だった!?

十返舎一九は静岡に生まれ、青年期から江戸に出て武家奉公をしていた。

その後は大坂の町奉行に仕えていたんだけど、その後しばらくして浪人に。

そのころから芸術分野へ進みたかったのかね。

浄瑠璃作者になって作品をいくつか残した。

 

十返舎一九も式亭三馬同じく多才な人で、文才と絵心を持ち合わせていただけでなく歌舞伎や落語、さらには川柳に至るまで芸術分野ならだいたい詳しかったという。

 

肉筆浮世絵なんかも残している。

 

そんな中、1802年に初出版した『東海道中膝栗毛』という作品(滑稽本)が空前の大ヒット。詳しくは後編で。

この作品で一気に流行作家の仲間入りをする。

 

ちなみに。

十返舎一九のペンネームの由来には、こんな説がある。

名香「黄熱香」は十度焚いても香を失わないところから、「十返しの香」とも呼ばれる。後の筆名「十返舎」はここから、「一九」は幼名の市九から来ている。初めは十遍舎一九であったが、十偏舎十偏斎重田一九斎なども用い、享和ころから十返舎一九に定まった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E8%BF%94%E8%88%8E%E4%B8%80%E4%B9%9D

 

次回では、十返舎一九の代表作『東海道中膝栗毛』について見ていくよ。

【次回に続く】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*