日本銀行が銀兌換銀行券を発行へ!紙幣整理が目的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は松方デフレについてやったね。

大隈重信は西南戦争の出費などで発生したインフレと不換紙幣の回収のために、外国に5000万借りようぜ!となかなかぶっ飛んだ政策を掲げたよね。

でも失脚して、松方正義が松方財政でもって緊縮財政をしたわけだ。その松方財政の一環の中で、「日本銀行」が設立されたわけなんだけども、今日はその日本銀行と銀兌換銀行券についてね。

日本銀行は中央銀行

さて、復習ターイム!!

1872年に国立銀行条例が出されて、国立銀行が作られたよね。

当時は権力が1つの機関に集中するのはダメでしょ!!ってことで、アメリカに習って国立銀行を作ることに決めたんだよ。各銀行が銀行券を発行できるの。今の日本とは大違いだね。

今更かもだけど、用語も復習しておこうか。

兌換紙幣・・・同価値の金や銀に交換できる紙幣
不換紙幣・・・金や銀に交換できない紙幣

 

ってことなんだよね。明治政府は殖産興業のために太政官札や民部省札の不換紙幣を発行していったんだよね。

また国立銀行条例を出して、「銀行作っていいよ!」としたものの兌換紙幣を発行できるたけの金や銀を持っている人が少なく、銀行はたったの4行しかできなかった。

そこで、「不換銀行券も発行していいよ」としたところ、たったの3年で153も銀行ができたんだったよね。

はい、復習おしまい!

 

で、松方正義は不換紙幣を整理する目的で、1882年に中央銀行である日本銀行を設立するわけだね。

ここ注目だよ。

1885年に銀兌換銀行券ってのを発行して流通させたわけ。この銀行券は1円の紙幣に対して1円の銀貨と交換することが可能で、銀本位制が確立していったの。

この銀行券が一般的になれば、不換紙幣はなくなっていくでしょ?

増税で不換紙幣を回収&処分していって、政府発行の兌換銀行券を流通させるってわけだね。

1885年の段階では銀本位だったから、ここもしっかり覚えておいてよ!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*