石井・ランシング協定をわかりやすく 寺内正毅内閣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

嫌いなひとが身近にいたとき、わざわざ直接「お前のことが嫌いだ!」とはいわないよね。

喧嘩になったら面倒だし、そんな時間があったら他のことに使いたい。

 

そんなときは言葉をわざわざつかうひつようなんてないよね。

そっけない態度をとったり、あまりかかわらないようにしたりすれば向こうも多少理解してくれて喧嘩をするようなことはあんまりしないはず。

だいたいにおいて向こうも喧嘩をする労力を使いたくないだろうからね。

 

石井・ランシング協定もこれと似ている。

ささいなことで戦争をしないために日本とアメリカがこれだけは守ろうかと約束を結んだんだ。

お互いがなるべく関わりあわないようにするために。

もちろん、両者はいろいろと妥協したんだけど、戦争したくないからね。仕方がない。

 

それじゃあ、本題に入るよ!

 

 

二十一カ条の要求(ここでくわしくやったよ)をした大隈内閣のあとに政権を握ったのは、

寺内正毅(てらうちまさたけ)!!

 

寺内(てらうち)内閣は1916年から18年まで続くよ。

長州出身でもともとは陸軍に属していたよ。

 

 

寺内内閣が発足したときもまだ第一次世界大戦が続いていたから、寺内内閣も第一次大戦の影響を受けながら政治をしていったんだ。

 

日本は第一次大戦中に連合国として参戦した。

理由としてはドイツのもつ中国の植民地を奪ってしまうためだ。

戦争中なら日本が中国侵略を進めてもヨーロッパ諸国は文句を言う余裕がないからね。

 

でもヨーロッパ以外にも強い国がいたね。

そうアメリカ!

 

とはいえアメリカも無駄に日本と戦争をしたくはない。なるべくなら関わりたくないんだ。

でもアメリカも連合国として第一次世界大戦に参戦することになったんだ。

 

だからアメリカは日本と妥協しながら関わることに決めたよ。

 

それが

石井・ランシング協定(いしい・ランシングきょうてい)!!!

 

日本は石井菊次郎(いしいきくじろう)、アメリカはランシングが締結したよ。

 

これでアメリカは日本に「日本が中国に対して特殊権益をもつこと」を認めたよ。

日本は中国に対して距離的に近い関係にあるし、昔からかかわりがあったからね。

ヨーロッパ諸国よりも権利があることは当然だよ、って。

 

でも日本もアメリカの「門戸開放」を認めたんだ。

これは特定の地域において、すべての国が商業と工業活動の機会を等しく持つべきだというもの。

もちろん中国と日本の関係はヨーロッパ諸国に比べて深いけど、中国における経済活動はどこの国も等しくもつからな、それを破ったらたたじゃおかないからな、という意味なんだ。

 

こうやってお互いに妥協することで無駄な争いを防いだんだね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. あなや より:

    現在高校三年生です。
    第一希望が中堅大学というか、偏差値が50前後の大学を希望しています。
    あと試験まで約半年程度になりました
    6月の時点での日本史の模試は34.7というひどすぎる点数でした
    かといって英語、国語もそれを補える程の偏差値ではなく、むしろ平均より低いくらいです。
    5月まで部活しかしてこなかったというのもあり6月模試はほぼノー勉の状態で受けた、というのを前提にありますが
    さすがにこのレベルでは今の目標大学を諦めた方がいいのでしょうか?
    夏休みに入ってから、1日10時間は勉強するようになりましたが、もちろんまだ結果など成果も現れなく、このままずっと現れないんじゃないのかと不安です。
    正直そこから50前後にするのは絶対的に無理ならば教えて頂きたいです。
    可能性があるのならば諦めたくないです。
    他の人よりか、暗記力が良くなくすぐ忘れてしまい頭に入るのが遅い気がするのですが、何かオススメの勉強方法があれば教えてほしいです。

コメントを残す

*