北条時政は何をした?実はとんでもないやつだったのだ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回、鎌倉幕府の重要な仕組みである「十三人の合議制」について話したね。

頼朝の死後、将軍への権力集中を避けるため作られた仕組みだった。

 

この仕組みを作る際に中心にいたのが、北条氏という家系。執権を世襲する有力御家人だ。

実は、この十三人の合議制を作った後、北条氏は他の有力御家人たちを次々殺してトップに上り詰めるという、超ドロドロの権力闘争を始める。

今日はその権力争奪戦の中心人物となった北条時政に注目してみていくよ。

北条時政ってどんな人?

北条時政は、頼朝の妻である北条政子のお父さんに当たる人だ。初代執権として有名だね。

執権っていうのは以前も説明したけど、名目上は将軍の補佐。

だけど実際は将軍の方が「お飾り」的な感じで、執権が政治の中枢を担っていた。

執権になるまでには、数々の権力闘争があったんだけどこれについては後の項で説明しているよ!

 

頼朝がまだ幕府の将軍になる前に政子と付き合い始めた時は、「こんなやつに娘はやれん!」状態だったけどのちに(しぶしぶ)結婚を認め、頼朝の挙兵も応援するように。

 

結果頼朝は鎌倉幕府を作り、将軍となって時政は「守護」になる。大きな権力を手に入れることができたわけだ。

こういった経緯もあって、北条氏は有力御家人の中でも頭一つ出た権力をもった御家人だった。

 

頼朝が将軍だったころはまさしく頼朝の「独裁」状態だったから、これを危険視した北条氏側が十三人の合議制を敷いた。

そしてここから、時政による権力争奪が始まる。

ジャマな有力御家人は謀殺!暗殺!

 

梶原景時を暗殺!

時政がまず手始めに殺したのは、初代将軍頼朝、2代将軍頼家の両方から信頼されていた梶原景時

景時は頼朝や頼家から重用されていたんだけど、それはかえって他の御家人からは「妬み」や「恨み」の対象になってしまう。

 

結果御家人たちが「景時は幕府にふさわしくない!追放しろ」という署名を幕府に持ち込んだため、追放されてしまう。

景時の一族はとぼとぼと故郷へ帰っていったんだけど、その途中の駿河国(現在の静岡県)にて突如襲われ、一族もろとも殺されてしまう。

このとき駿河国の守護をやっていたのが時政。…まあ、時政の命令だよね。

比企能員を謀殺!頼家を幽閉&暗殺‼

こうして目の上のタンコブを消した時政なんだけど、すぐに次の問題が発生する。

有力御家人の一人であった比企能員(ひきよしかず)将軍の外戚(母方の親戚)となったことで力を増してしまったんだ。

 

今度は北条VS比企の権力争いが始まる。

 

時政は頼家の子供と弟(のちの実朝)の2人に将軍の権力を半分ずつ分け与えて、外戚である比企にまるまる権力を与えないようにしよう、と考えた。

当然比企側は「外戚のオレたちに全部権力寄こさないなんて納得できるか!」となる。

 

そこで比企能員は当時将軍の頼家に「時政のやつ、あんたの弟の実朝を将軍にしようとしてますよ」と告げ口。

怒った頼家は能員に「時政殺してこい!」と命令する。

…んだけど、これを北条政子が外で聞いていた。

 

時政にこの情報が流れた結果、比企能員は時政の屋敷に呼ばれ、ここで謀殺される。

残った比企一族もみな北条氏の軍に殺されてしまい、比企一族は滅びることになる。

 

その後時政は病に倒れた頼家を寺に監禁する(時政を殺そうとしたから)。で、のちに暗殺。将軍すら暗殺していくスタイル。

 

こうして、時政および北条一族は、権力をどんどん手に入れてしまいには「執権」、事実上の幕府トップまで駆け上がっていくんだ。

時政の暗殺はまだまだ続くんだけど、長すぎるんでこれは次回にまわすね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*