豊臣秀吉を簡単に、わかりやすく。【文禄・慶長の役】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、秀吉の天下統一を見てきたね。

九州の島津氏を下して九州平定を成し遂げると、今度は関東の北条氏も下し東北の大名たちも降伏させる。

こうして天下統一を達成した秀吉は、なんと朝鮮に攻め入る決定をする。

 

文禄の役

理由ははっきりしないものの、朝鮮の土地を欲しがった秀吉。

一度降伏勧告を行い、これが拒否されたため15万の軍を送り込んで制圧に向かう。

 

朝鮮軍は軍事力がたいして強大ではなかったため、日本軍は快進撃を続ける。

しかし朝鮮の大ボス・の登場で戦況は硬直。

 

らちが明かないため和平交渉に突入する。

和平交渉の決裂

日本・明両国の和平交渉担当者は、どうにか隠密に和平会議を終了させようと、明の王には「日本が降伏した」、秀吉には「明が降伏した」とウソの情報を流す。

 

しかしこのウソが結局秀吉にバレ、大激怒。

もちろん和平交渉もおじゃんになる。

慶長の役と秀吉の死

再び攻め入った日本軍だけど、今度は朝鮮側も対策を講じていたので容易に攻め入れず、1年以上の戦況が膠着してしまった。

そんな中、秀吉が突如病に倒れ、見る見るうちに衰弱して死んでしまった。

 

これにより朝鮮侵略構想は中止を余儀なくされ、朝鮮に出兵していた大名たちは撤退する。

 

まとめ

二度にわたる朝鮮出兵によって、豊臣家は衰退期に入り、逆に家臣の徳川家康が力を持ち始める。

そして、天下分け目の戦い・関ヶ原の戦いが勃発するんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*