畠山重忠の乱で、北条時政と北条義時の間に決定的な亀裂が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回、「邪魔する奴は消す!」でおなじみ北条時政の権力争いの様子を見てきたよね。

梶原景時一族、比企能員一族らを次々暗殺・謀殺し、しまいには2代将軍である源頼家すら幽閉して暗殺してしまう。

 

結果的に、北条時政を筆頭に北条氏は圧倒的な権力を得るようになった。

・・・だけど、「ある事件」をきっかけとして北条時政は御家人たちの信頼をどんどん失っていくことになる。

 

今回はそのきっかけとなった事件を見ていくよ。

 

畠山重忠ってどんな人?

頼朝にとっても信頼され、また非常に多くの貢献をした「ある武士」がいた。

この人こそ、武蔵国の武士団リーダー、畠山重忠だ。

 

有力御家人の一人でもあり、幕府に対してとっても忠誠心の強い人だった。

比企能員の変や梶原景時の変の時も常に北条氏側について戦った。

 

そんな重忠だったんだけど。ある些細なゴタゴタがきっかけでとんでもない事態に発展していく。

些細な口喧嘩が戦争に…

事の発端は、三代将軍・源実朝の奥さんが決まったことを受けての宴会中だった。

畠山重忠の子である畠山重保(しげやす)が、平賀朝雅(ともまさ)という人と口論になった。

 

この平賀朝雅ってヤツが問題で、この人は当時の執権・北条時政と妻・牧の方の娘婿(娘の夫)だったんだ。

つまり時政と朝雅は密接な関係にあったってことだ。

 

この場は言い争いだけで終わったんだけど、朝雅が牧の方に「オレ重保に悪口言われたんすよ~」と告げ口。

これを聞いた牧の方は、夫である時政に「畠山重忠・重保親子が謀反企ててるらしいわよ!」と大げさに告げ口。

 

邪魔者消したがりの時政は畠山重忠を討とうとするんだけど、時政の子である北条義時や政子が必死に「畠山さんはずっと忠誠を誓ってくれてたじゃないか!謀反なんてありえないよ・・・」と止めようとする。

しかし牧の方側の親族らからも詰め寄られ、しぶしぶ義時も畠山討伐に参加するハメになってしまう。

時政と義時が決別へ

結局、畠山重忠の乱は畠山側の完全敗北で終わった。重忠・重保とも殺されてしまったんだ。

だけど当然ながらこの二人は全くの無実。そのことが戦いの後で時政に知らされ、さすがに「やっちまったあ…」と嘆いたらしい。

 

一方で、御家人たちも苛立ちを隠せない。

無実だった重忠たちを殺しにかかったわけだからね。北条時政や義時にも批判が飛ぶ。

 

この状況を受けて義時は、「俺は畠山さんたちが無実だって言ってたんだよ!父さん(時政)や牧の方が悪いんだ!」と言って時政を切りすて、御家人たちの批判を時政に向ける。

こうして今度は、北条時政&牧の方 VS 北条義時&北条政子の親子バトルが勃発することになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*