塙保己一の著した『群書類従』とは!?ヘレンケラーとの関係も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、国学者の塙保己一について見てきたね。

盲目でありながら学問に非常に長けていて、様々な学問を習得していったんだったね。

 

そんな保己一の最大の功績は、『群書類従(ぐんしょるいじゅう)』の作成だ。

群書類従って?

保己一は、「古書」について憂いを抱いていた。

 

古書っていうのは、俗にいう古本のこと。

本はその時代の様子を反映していたり、貴重な情報を持っていたりするからとっても大切なモノなんだ。

 

しかし、もし火事や天災でその本が失われてしまったら、未来永劫消滅してしまうことになる。

これが保己一は心配でならなかった。

 

そこで、全国の大名や自社・公家・幕府に協力を依頼して膨大な古書を収集して、編集した。

 

それを全部まとめてシリーズ化したのが、『群書類従』というわけだ。

 

実に古代から江戸時代初めごろまでの、1,237種類の歴史書や文学作品が収録されている。

全530巻666冊というぶっ飛んだ冊数のシリーズとなった。

 

こうして古書がまとめられたことで、多くの資料が失われずに済んだと言われている。

 

ちなみに、今原稿用紙といえば20字×20行の400字詰原稿用紙のことを言うよね。

実は、この「1枚につき400字」というのは群書類従が由来なんだ。

群書類従を印刷するための版木を作るとき、できるだけ400字に収めていたことが起源と言われいる。

まとめ+おまけ

塙保己一は、19世紀~20世紀にかけて活躍した偉人、ヘレン・ケラーに大きな影響を与えた人でもある。

 

ヘレン・ケラーは目も耳も見えず苦しんでいた時、母親から「同じ盲目だった塙保己一を見習いなさい」と言われていたという。

 

盲目ながらも多数の功績を残した保己一をヘレンも尊敬し、来日した際には保己一の銅像に触れ「日本に来て一番有意義だったことの一つ」といったほど。

 

 

それから保己一についてもう一つ。

保己一は賀茂真淵や本居宣長のように、「儒学や仏教を排して本来の精神に立ち返ろう!」というような復古思想に傾倒し、思想を広めた国学者ではない。

 

国学はもともと「日本の古典を読んで研究する」という学問。

真淵や宣長の復古思想はあくまで国学から派生したもので、保己一は純粋な国学者だったんだよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*