俳句と川柳は「連歌から取り出した部分」が違うぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回まで、絵画的な俳句を詠み、優れた文人画を描いた稀代の芸術家・俳人の与謝蕪村を見てきたね。

芭蕉が起こした蕉風俳諧の時代にあった「深み」を復活させた人物だったね。

 

今回見ていくのは、川柳だ。

 

といっても、川柳と俳句の違いって、季語の有無くらいしか分かんないよね。

実は、同じ俳諧連歌から分岐したものなんだけど、異なる分岐の仕方をしたんだ。

 

詳しく見ていこう。

俳句は連歌の「発句」から

与謝蕪村のところでも少し触れたけど、俳句はもともと連歌から生まれたものだ。

 

連歌は「五七五」「七七」「五七五」・・・・という風に繰り返して続けていくというものだったね。

俳句はそのうち、一番最初の「五七五」(発句)を独立させて、それを詠んでいったんだったね。

これを大成させたのが蕪村だったわけだ。

 

川柳は「前句付け」から

俳句と同じように、川柳も連歌から分岐したもの。

 

 

連歌は発句に続いて下の句をどんどんつなげていくけど、先に下の句(七七)を用意して誰が一番良い上の句を作れるか、という遊びが流行した(前句付け)。

 

この「前句」が独立してできたのが川柳だ。

 

この前句の独立に貢献したのが柄井川柳というわけだ。

柄井川柳についてはのちの記事で詳しく解説するよ。

まとめ

川柳と俳句との違いは、分岐の仕方だ、ということがわかったね。

 

次回はその違いについて見ていくよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*