第一次護憲運動とは?原因と内容をわかりやすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第一次護憲運動で桂園時代も終わるんだけど、この運動を成し遂げたのが民衆のデモ!

しかも天皇の私的要素と公的要素を別にするべきだ!という近代国家の原理に基づいたデモだったんだ。

 

もちろん国民にそんな感情があったのかはわからないけれど、少なくとも

「閥族打破(ばつぞくだは)」「憲政擁護(けんせいようご)」(あとで詳しくやるよ)

というスローガンにはそんな意味があったはず!

 

それじゃあ、これから政治的な発展を見ていこう!!

第一次護憲運動の原因

 

1912年の2個師団増設問題(ここでやったよ)で解散した西園寺内閣(第2次)の後に発足したのは、

桂(かつら)内閣(第3次)!!

 

桂→西園寺→桂→西園寺→桂

の交互ね!これは桂園時代(ここでやったよ)といったね。

 

でもある問題があったんだ。

桂太郎(かつらたろう)はこのとき宮中に属していたんだ。

それが内閣総理大臣になって府中にもどってきてしまった。

 

これは宮中・府中の別(きゅうちゅうふちゅうのべつ)に反するじゃないか!

宮中・府中の別というのは、天皇の私的な部分を宮中、天皇の公的な任務・業務を府中として別けようよ!というもの。

 

天皇の私的な部分に仕えていた人間が府中に戻ってくることは、近代国家として認められない!

これが原因で桂内閣に対して反対運動を起こすよ。

 

これが

第1次護憲運動(だいいちじごけんうんどう)!!!

年号は1912年だよ!

 

第一次護憲運動の内容―中心人物とスローガン

 

第一次護憲運動の中心人物は

尾崎行雄(おざきゆきお)と

犬養毅(いぬかいつよし)!!!

 

尾崎行雄が立憲政友会(りっけんせいゆうかい)!

犬養毅が立憲国民党(りっけんこくみんとう)!

 

スローガンは

「閥族打破(ばつぞくだは)」「憲政擁護(けんせいようご)」ね!!

 

閥族は集団のこと。藩とか軍とかの力をもったグループが、国民がつくっていくべき政府を邪魔しているんだ!

だから、そういったグループをなくそう!

これが「閥族打破」。

 

「憲政擁護」は憲法の内容をちゃんと守れ!というもの。

桂太朗は別に憲法違反をしてはいないけれど、憲法の精神に反するじゃないか!といっているんだ。

 

尾崎行雄はこのスローガンをもとに演説をしたりして国民に訴えるよ。

 

そして、憲政擁護大会という政治集会が各地で開かれる。

けっきょく民衆のデモに国会が包囲されて、1913年、桂内閣は解散する。

たった53日間で桂太郎は退陣したんだ。

 

これを

大正政変(たいしょうせいへん)

というよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*