五箇条の御誓文を作った人は由利公正で加筆は木戸孝允!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて、今回は五箇条の御誓文だよ。

五箇条の御誓文ってのは調度、戊辰戦争の時に新政府の方針として出されたものなんだけど、みんな戊辰戦争の勉強し終わった後に、五箇条の御誓文について学ぶから前後関係が掴みづらいんだよね。

いいかい。五箇条の御誓文は戊辰戦争の途中!五箇条の御誓文は戊辰戦争の途中だよ!!

今日は五箇条の御誓文で重要な部分をさらっていこう。

五箇条の御誓文とは?

五箇条の御誓文ってのは、明治新政府の基本方針をまとめたもの

原案起草 → 由利公正(ゆりきみまさ)
修正 → 福岡孝弟(ふくおかたかちか)
加筆 → 木戸孝允(きどたかよし)

この3人は一問一答でも覚えさせられる内容だから、必ず覚えてよ。

 

○五箇条のご誓文の重要な点

開国和親
公儀世論

内容も見てみようか。

 

1、広く会議を起こし、万機公論に決すべし。
2、上下心を一にして、さかんに経論を行うべし。
3、官武一途庶民にいたるまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。
4、旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。
5、智識を世界に求め、大いに皇基を振起べし。

1、広く会議起こし、万機公論に決すべし。

みんなで話し合って、すべての政治は世論、つまりみんなの意見から決めようねってこと。

2、上下心を一にして、さかんに経論を行うべし。

上下心ってのは、治める人物、つまり官の人ね、と庶民が心を1つにしようよ。ってこと。

で、熱心に国の政策を行おうねってこと。

3、官武一途庶民にいたるまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。

武家も公家も庶民もみーんな、志をまっとうしようね。みんなの心を飽きさせちゃダメだよ!ってこと。
4、旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。

今までの古い習慣なんて捨ててさ、もっとグローバルスタンダードで物事考えようよ。ってこと。
5、智識を世界に求め、大いに皇基を振起べし。

やっぱ時代は世界でしょ?海外に知識を求めないと。で、天皇中心だからね。

 

 

これが新政府が掲げた五箇条のご誓文の意味だね。

明治天皇が神様に誓う形で発布したんだよ。

坂本竜馬が船中八策で述べていたこととかなり似ているから、五箇条のご誓文と船中八策の類似性は今でも話題になるよ。坂本竜馬ってすげー!ってね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*