五街道の覚え方!語呂合わせも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

江戸時代において、参勤交代をはじめとする大名の移動には「幹線道路」が使用されていた。

 

それが、『五街道』と呼ばれる道路。

 

この五街道は現代においても幹線道路として使われている。

詳しく見ていこう。

 

 

五街道を一挙公開!

 

五街道の「起点」となるのは、江戸・日本橋。

この五街道には、たくさんの「宿場」および「宿場町」が形成された。

 

 

五街道の覚え方だけど、

「途中に置こう五街道」

が一番覚えやすいと思う。

 

  • 途(と)  =東海道
  • 中(ちゅう)=中山道
  • に     =日光道中
  • 置     =奥州街道
  • こう    =甲州街道

 

といった具合だ。

 

 

東海道

江戸から京都までを結ぶ、古くからある主要幹線道路。

 

この幹線には全部で53か所の宿場がある。のちのち有名な浮世絵「東海道五十三次」として描かれることにもなるよ。

 

中山道

埼玉の方から群馬~長野~岐阜を通って最終的に「草津」で東海道と合流する。まさにど真ん中の通るルートだね。

 

宿場は全部で67か所もあるよ。

 

日光道中(日光街道)

日本橋から茨城の一部と群馬を通る街道。

徳川家康が祀られている日光東照宮に行けるようになっているよ。

 

全部で21の宿場町がある。

 

 

奥州道中(奥州街道)

これは栃木の宇都宮まで日光道中と道がおんなじで、宇都宮から先・福島県の白河まで続くのがこれ。

 

宇都宮から白河まで10の宿場がある。

 

 

甲州道中(甲州街道)

下諏訪で中山道と合流する幹線道路。東京を抜けて山梨から長野までを結ぶルートだね。

 

宿場町は甲府までで38か所ある。

 

 

まとめ

 

五街道の整備によって、大名の参勤交代など移動を容易にすることがでていたんだね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*