フェートン号事件を簡単に分かりやすく!①ナポレオン戦争とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回はロシアと日本のイザコザである、「ゴローニン事件」について見てきたね。

 

今回から見ていく「フェートン号事件」は、もっとスケールのでっかい話。

なんと日本から遠く離れた、ヨーロッパでの戦争が発端なんだ。

ナポレオン戦争ってなんぞ!?

 

フェートン号事件の発端となるのは、世界史で習うことになる有名なヨーロッパでの戦争「ナポレオン戦争」。

「ヨーロッパの戦争がなんで日本の事件に関係あるの?鎖国中なのに・・・。」と思う人もいるだろう。

 

しかし、忘れちゃいけないのは、日本が唯一ヨーロッパの国の中で貿易していたオランダという国の存在だ。

 

18世紀、ヨーロッパではナポレオン戦争という、ヨーロッパ全体を巻き込むような大戦争が行われていた。

その中で、オランダがフランスとの戦争に敗北して占領されてしまう。

 

オランダの国王はというと、命からがらイギリスに亡命。

 

そのオランダ国王の要望で、海外にあるオランダの植民地をイギリスがどんどん接収し始める。

オランダ東インド会社「フランスのものになんかならねえぞ!」

 

問題はここから。

当時オランダの植民地だったジャカルタには、日本とオランダの貿易を担当している貿易会社「オランダ東インド会社」の拠点があった。

 

オランダ東インド会社は「イギリスにこのジャカルタはくれてやれねえなぁ!」とイギリスからの支配を受け入れない姿勢をとった。

 

これでイギリスとオランダ東インド会社とのケンカが始まる。

 

このケンカの舞台が、日本の長崎だったわけだ。

前編まとめ

 

フェートン号事件は、今回説明したナポレオン戦争の知識があった方が理解しやすい。

さあ、後編ではいよいよフェートン号事件の内容に迫っていくよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*