江戸無血開城は勝海舟と西郷隆盛のおかげ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

小御所会議で決まった慶喜の辞官納地。

これに激怒した旧幕府軍は鳥羽伏見の戦いに始まる、戊辰戦争を仕掛けたよね。鳥羽伏見の戦いは1月に始まっているだけども、3月に旧幕府軍は江戸無血開城をしているんだよ。

これには、勝海舟や西郷隆盛が活躍している。

江戸無血開城とは?

別名、江戸城明け渡しとも言うね。そもそも江戸無血開城がどーゆーことわかっていないといけないよね。
旧幕府軍が新政府軍を江戸を無抵抗で明け渡すこと!!

 

だね。

薩長は鳥羽伏見の戦いで勝ったもんだから、肩で風を切るように江戸を向かうわけだね。

積年の恨み果たしてやる!!くらいの気持ちで西郷隆盛を中心に江戸を向かうだけども、江戸進撃予定日のわずか2日前に中止が決まるの。

立役者は旧幕府軍の勝海舟。こんな旨を西郷隆盛に伝えるよ。

「江戸の人たち、たくさん死んじゃうよ?」
「こんな戦争なんかやってたら、外国に責められるよ?」
「慶喜と江戸を明け渡しから、どうぞご賢明な判断を」

と西郷隆盛に迫るのね。

勝海舟と西郷隆盛は旧知の仲で、この日は3年以上ぶりに会うんだけどもお互いを信頼しているから勝海舟の条件を素直に受け入れるのね。

 

西郷隆盛マジかっこよくてさ、独断で江戸城進撃を中止して京都に持って帰って検討することを約束したんだよね。

直前にね。薩長の志士は江戸をやる気満々だったから西郷の決定を素直に受け入れるってことは西郷隆盛の人望があったってことだよね。

 

勝海舟と言えば、咸臨丸に乗って太平洋を渡った人物なんだけど、幕臣として幕府の海防に努めていたんだよね。

でも、幕府の立場とかではなくて、もっと大きい視点で日本を見ていたから、江戸を無血で明け渡して外国から責められないようにしたかったわけ。

実際、フランスが幕府側について幕府を援助しようとしてたから。そんな輩に日本を乗っ取られるくらいなら、江戸を明け渡して将来の日本を良くしていきたい!と考えていたんだね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当ブログの有効的な使い方

「大学受験の日本史を極めるブログ」は使い方1つで、結果が大きく違ってきます。

・国公立・早慶レベルまで知識を深めるには?
・知識を定着させるアウトプットの方法は?
・良くわからない時はどうしたらいいの?

そんな悩みを解決する、当ブログの使い方をじっくり読んでみてください。

当ブログの使い方はコチラ

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 高1 より:

    勝海舟って幕府の人間だったんですね!坂本竜馬とも親交があるから、倒幕派の人かと思ってました!

    1. jahistory より:

      そうですね。討幕派に大きな影響を与えている人物なので、確かに幕府の人間には思えないかもしれませんね。
      勝海舟は遣米使節でアメリカにも行っていますし、海外情勢に明るかったんです。
      ですから、攘夷とか討幕とか、幕府とかそういった枠組みではなくもっと大きな視点で日本の将来を考えていたんですね!
      ですから江戸幕府の弱体化から、「幕府もう無理だな」と悟っていたんです。

コメントを残す

*