江戸地廻り経済圏ってなに?在郷商人との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

前回は、在郷商人の誕生とそのマーケティングについて見てきたね。

 

在郷商人は農村出身の商人のことで、直接生産者から買い付けをすることで安くモノを販売していたんだったね。

 

そんな在郷商人が特に活躍した地域は、「江戸地廻り経済圏」と呼ばれる江戸の周辺地域だった。

 

今回は、そんな江戸地廻り経済圏について見ていこう。

江戸幕府の誕生で周囲の経済が大発展!

江戸幕府の周辺地域である関東地方は、江戸時代が始まったころから急速に発展していった。

 

というのも、江戸の経済を支えていたのは、周辺地域からの産物「地廻り物」と、京都や大坂から入ってくる「下り物」と呼ばれるものだったからだ。

 

江戸時代が始まったころは、下り物のほうが地廻り物より圧倒的に良いモノだったので、地廻り物は江戸にはあまり流通しなかった。

 

しかし、江戸中期のころになってくると地廻り物の質も向上して江戸に多く流通するようになり、これによって関東地方全体が経済的に発展していった。

江戸地廻り経済圏で発展した在郷商人

 

江戸中期以降更なる発展を遂げた関東地方には、農民出身の商人である在郷商人たちが多く生まれることになった。

 

このころになると、江戸の問屋が江戸地廻り経済圏の各地にやってくるようになり、周辺地域で利益を得るようになっていった。

 

これに対抗して在郷商人たちは、自ら江戸に乗り込んで販売ルートを確保しようとして江戸の商人たちと争いにいった。

 

まとめ

江戸幕府がもたらした周辺への影響はものすごく大きかった。

 

江戸の経済や生活は江戸地廻り経済圏があって成り立っていた部分もあったんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*