江戸時代の身分と社会構造!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

さて!今回は江戸時代の身分制度と社会の様子について見ていくよ。

昔の教科書で記述のあった「士農工商」―武士・農民(百姓)・職人・商人や、えた・ひにんなど結構色々な身分があるからしっかり見ていこう!

 

ちょっと脱線するけど、士農工商って言葉、もうとっくに教科書に載ってない言葉なんだよね。なんでも最近の研究で士農工商って言葉が当時の身分制度を表すのに適切じゃないからだとか・・・。

習ったことが何年かしたら間違いでしたーなんてことが結構あるから歴史の勉強は大変だね!(笑)

江戸時代の主な身分

江戸時代の社会での主な身分には、さっき挙げた武士・農民・職人・商人のほか、公家や僧侶・神職などもあった。加えて、えた・ひにんという差別の対象の身分もあった。

 

江戸時代で一番支配的だったのは武士。いくつか特権を持っていて、「苗字・帯刀」を許可されていた。

言葉通り、苗字(名字)を名乗ることが出来て、刀を腰に差すことが許されるってやつ。

ごくまれに農民・職人・商人がこれを認められることがあったけど、原則武士だけの権利。

 

あともう一つの特権が、「切捨御免」。百姓や町民から武士に対して無礼な態度があった場合、スパッとやっちゃっても罰せられないっていう権利。

とはいっても、証拠がない状態で人を斬っちゃうと、逆に斬った武士が切腹を申し付けられることもあったからバンバン斬りまくることは出来なかったわけだ。基本的には「正当防衛の権利」みたいな扱いだった。

 

職人と商人は城下町に住んでいて、町民とも呼ばれる。商人はその名の通り商いをする人たちだね。

職人は「手工業者」のことで、主に大工・左官(建物の壁とかをこてとかで塗る人たち)・木挽(木材を切る人)・屋根葺(屋根を作る人)・鍛冶(金属製品を加工する人)など。

 

そして農民(百姓)。基本は城下町から離れた村などで農業を営む人々の事だけど、村にも職人や商人がいることもあった。農業をやっていたのは主に百姓。

公家・僧侶・神職とえた・ひにん

公家・僧侶・神職は特に今までの解釈と変わりなく貴族、お坊さん、神主さんみたいな人たち。

で、江戸時代で「差別」されていたのがえた(穢多)・ひにん(非人)。呼び名からして酷い・・・。

この人たち一体なんでこんな言われようなのかっていうと、この人たちの職業のせいなんだ。

まずえたと呼ばれた人たちは革製品の取り扱いそしてた人たち、また牢屋の番人をしてた人たち。革とかは生き物を殺さないといけないし、牢屋の番人なんかは罪人に対応していることから「穢れたもの」を扱っているって解釈をされて、こういった差別を受けるようになったんだ。

 

ひにんは物乞い・遊芸・清掃などの仕事をした人たち。生まれながらにしてひにんの人もいたけど、中には貧しさや犯罪などで平民からひにんに落とされた人もいた。

 

このえた・ひにんはまとめて賤民ともよばれていて、結婚を一般人と出来なかったり住む場所が制限されたりされた。

 

今回はちょっと長くなっちゃったね!今日はここまで。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*