第二次長州征討で幕府終了のお知らせ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第一次長州征伐からたったの2年。

1866年に第二次長州征伐が始まるよ。さぁ、み~んな!第二次長州征伐が始まるよ^^

と意気込んだものは良いものの、結論としては幕府が惨敗で力の無さを露呈する戦争だったわけなんだわ。今日はその辺の第二次長州征伐についてお話するよ。

 

第二次長州征伐が起きた理由

まずは第一次長州征伐のおさらいをしよう。

まず、長州征討(せいとう)でも長州征伐(せいばつ)でもどっちでも良いから覚えておいてよ

第一次の長州征伐は、「禁門の変」がきっかけだったよね。

長州の藩が禁門に銃弾ぶっぱなして天皇がキレた事件。

 

長州は池田や事件・禁門の変で有力な志士を失っているから、恭順(きょうじゅん)の態度を取ったんだよね。恭順ってのは、つつしんでしたがうってこと。

しかーし!!

ここでくじけないのが長州なんだぜ。この時は長州藩の実権を握っていたのは上層保守派だったんだけども、1865年に再び高杉晋作が奪ったんだわ。

こいつマジすごいよ。第一次長州征討後に、下関であばれて保守派から実権を奪い返したの。

 

『討幕!討幕!』
『とうばく!とうばく!』
『とーばく!とーばく!』

 

ってね。そんな討幕運動を進める高杉晋作らに対して、朝廷の勅許をちゃんと得て幕府が長州藩を攻めたのが第二次長州征伐ってわけだ。

 

第一次と第二次のそれぞれ起きた理由ってのが大事だよ。

第一次長州征伐 → 禁門の変
第二次長州征伐 → 高杉晋作が実権を握り、討幕の動き

だね。必ず頭に入れておいてよ。

 

 

第二次長州征伐の結末

幕府は15万もの兵で長州を征伐するんだけど、普通に考えたら長州にとっては無理ゲーじゃん?

でも長州勝っちゃうの。

理由はいろいろあってね。こんな感じかな。

・諸藩の兵はやる気なかった
・薩長同盟で薩摩から武器を手に入れてた
・将軍家茂が亡くなった

まず、諸藩は長州征伐に反対している意見が多かったのね。江戸幕府弱体化してんじゃん?言うこと聞きたくねーし、長州ヤベーし。

また、最大の理由としては同年の薩長同盟だよね。長州が薩摩にお米を渡す代わりに薩摩は武器を提供したってのは有名な話で薩英戦争の痛みを糧にした薩摩から武器大量にもらってんだわ。

 

結局、15代将軍に就いた徳川慶喜が朝廷に休戦協定を願いでて撤退したよ。たったの2か月くらいの話だね。

江戸幕府は長州を潰そうとして、自分の弱さをさらけ出しちゃったわけだね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*