地租改正の目的と内容をわかりやすく。地租改正反対一揆!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

明治政府にとって何が悩みの種だったかって?

それは外交とお金の問題なんだ。まぁ政府にとっての悩みってのにやっぱりお金ってのは必ずつきまとうよね。

版籍奉還・廃藩置県で江戸幕府からの土地を引き継いだんだけど、石高に応じて年貢を取り立てる方法に限界を感じていたわけ。そこで大胆な改革である、地租改正というのを行うんだよ!

地租改正とは?

 

1873年に明治政府が行った、「土地と租税」の改革のことだね。

村ごとに土地台帳ってのを作成して、土地を持っている地主は地価の3%をお金で支払うことに変更したの。

これって地主に対しては結構つらくてさ。常に3%ってことは、景気が良くても悪くても3%支払わないといけないわけだからさ。

 

明治政府は江戸幕府の土地を引き継いだんだけど、今まで通り農民が納めるお米に頼っていたの。

でも、地域によって税率もバラバラだし、米じゃん。年によっては豊作もあるし、凶作もあるから、安定しないんだよね。

そこで、地租改正に乗り出したわけだ。

 

この地租改正に至るまでの流れをまとめてみようか。

 

1871年 田畑勝手作許可(でんばたかってづくりきょか)

作付(さくつけ)制限を撤廃して、田畑に自由に作物を作っていいよ!っていう許可ね。

1872年 田畑永代売買解禁

1643年に田畑永代売買の禁止の令が出されていたのを、解禁にしたよ。田畑を自由に売買しても良いよ!ってこと。

1872年 地券発行

土地所有権を証明する確認証。これは壬申地券とも呼ばれているよ。地価を記載していて、地価ってのは、田畑面積・収穫高・平均米価などを総合して決めた土地の価格のことだね。

1873年 地租改正

土地の価格の3%を地主にお金で納めさせる法改正だね。政府としては、毎年一定の金額が税金として入ってくるので、明治政府の収入は安定したわけだ。ただ農民にとっては豊作・凶作に関係なく税金を支払わないといけないので、負担が増えた。

 

1874年~1877年 地租改正反対一揆

各地で地租改正に反対する農民一揆がおきた。特に茨城県真壁での真壁騒動や、三重・愛知・岐阜・酒井での伊勢暴動ってのは、非常に大きな一揆で、伊勢暴動では処罰者が5万人も出たよ。

1877年 2.5%に軽減

明治政府は税率を2.5%に軽減したよ。

「竹槍でドンとつき出す二分五厘」と言われたよ。

 

ここまでが、地租改正の流れだね。

 

地租改正の影響

地租改正を行うことによって、「人々が土地を所有する」という前提が作られたわけだね。

この結果、土地ってのは天皇の所有物で人々はお借りしているだけ!とう公地公民思想ってのは崩れることとなり、土地が個人の財産となったわけ。すると売り買いをしたり、担保に入れたりと土地に流動性が生まれたんだね。

 

また土地をたくさん持っている地主はそれだけ、税金を支払っていることになるから

参政権だったりに影響を及ぼすことになるわけだね。この辺りは追々詳しくやりますんで!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

オススメの動画コンテンツ

低料金で最大の効果を発揮するコンテンツ

・音情報で理解を高めたい
・知識を入れながら、流れも理解したい
・息抜きに動画で学習したい

方はスタディサプリの動画コンテンツがオススメです。【14日間の無料トライアル】ができます。

スタディサプリの無料体験

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 匿名太郎 より:

    質問失礼します。農民が税を納めた先は地主ですがどうして政府に納めないんですか?

    1. jahistory より:

      返信が遅くなり申し訳ありません。コメントありがとうございます!

      当記事の「農民」という書き方が少し理解の妨げとなってしまったようです。すみません。
      ここでいう農民とは、「小作人」のことです。

      小作人とは、自分の田を持っておらず、土地を持っている人(≒地主)から土地を借りて作物を生産している人を言います。

      地主と小作人の関係をざっくり言えば、アパートの「家主さんと入居者」のようなものです。
      アパートを借りて住んでいる人は、直接家賃を国に払いませんよね。

      アパートの所有者である家主さんに家賃を払います。

      同じように、小作人は作った作物(主に米)を地主に「田畑の賃貸料」として払うわけです。
      こういった理由で、小作人は税を直接政府に収めるのではなく、地主に収めたのです。

  2. 匿名 より:

    質問失礼します。
    日本史の問題でインフレーションかま進行した時に得するのは国か地主か小作人のどれか?という問題があったのですが、どれが正解なのか教えて頂きたいです。

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます。
      質問にお答えしますね。

      質問者さんの日本史&経済の知識がどれほど深いか分かりかねるため、前提となる部分から説明させていただいています。
      もし、「こんなの知ってるよ!」という部分があれば読み飛ばしてください!本題は後半部分からになっています。

      ↓以下説明

      この問題を考えるためには、「インフレ」の意味と「寄生地主制」という仕組み、この2つを理解する必要があります。

      まず、インフレとは何か。

      一言でいえば「継続的な物価の上昇」ですよね。ちなみにデフレはこの逆です。

      例えば、2年前一本100円で買えたボールペンが、現在では同じボールペンなのに一本120円になっているというような現象。2年の間に物価が上がっていることが分かりますよね?これがインフレです。

      次に、寄生地主制という仕組みについて。

      寄生地主制というのは、

      ・土地を持っている「地主」が、田畑を耕し作物を作る「小作人」に土地を貸し出す
      ・「小作人」は土地の賃貸料として、「地主」に小作料(小作人が作った農作物のこと。おもに米)を払う

      という仕組みです。

      要するに地主は農作業することなく米を手にすることができたのです。

      地主は国に税金を納める必要がありますね。今回の記事「地租改正」の時期では、地価の2.5%。

      寄生地主制をまとめると、小作人→(小作料)→地主→(税金)→国、といった流れになります。

      ところで、小作料は「小作人が作った農作物」だと言いましたよね。
      これ、お金じゃないので地主は小作料をそのまま国に税として納めることはできないんです。

      なぜかというと、政府は地価の2.5%を「金納」せよと言っているから。

      じゃあ地主はどうしていたのかというと…答えは簡単!
      小作料として受け取った米などを売ってお金にし、これを税金として納めたわけです。

      さてここからが本題です。

      わかりやすく例を挙げますね。まずは地主の視点から考えてみましょう。

      2年前、小作人が地主に払う小作料が米100Kg、地主が払う地租が50円、米1Kg当たり10円だったとします。

      この場合、地主は米100Kgをお金に換えますから、1000円を獲得しますね。
      そのうち50円を地租として国に払い、残りの950円は全部地主のものです。

      そして今年、米1Kg当たり20円、つまり物価が倍になった(インフレした)とします。

      地主は小作料として米100Kgを受け取り、これをお金に換えます。今回は2000円を手にしますね。
      地租は一定ですから、50円払うだけです。残り1950円は地主のものになります。

      2年前950円ゲットした地主は、今年になって1950円も手にしました。超得してますね。

      これを今度は国の視点から見てみましょう。
      国からすると、2年前も今年も入ってくるお金は50円です。

      ですが2年前と現在とでは、物価が倍も違うのです。

      これはつまり、同じ50円でも2年前と今年では50円の価値が半分になっている、つまり実質今年入ってきたお金は25円だったと考えられます。

      要するに国はしたことになります。

      じゃあ小作人はどうでしょうか。

      小作人は毎年小作料を取られてしまいますね。
      当時の小作料は基本的に高額だったため、自分の手元に残る作物はわずかなものでした。

      小作人たちも、自分で食べる分の作物以外は地主同様売ったりしていたのでデフレ状態よりインフレ状態の方が良いといえば良いです。

      しかし、そもそも手元に残る作物が生活ギリギリ、不作だったら生きていけない程度の量だったので、インフレ状態でも得をすることはありませんでした。

      このように、インフレが進行した際に得をするのは、「地主」というのが正解となります。

      非常に難しく複雑な内容ですので、説明が長くなってしまいました。
      もし理解に苦しむところや更なる質問がある場合は、ぜひお気軽にお送りくださいね!

コメントを残す

*