秩父事件での困民党田代栄助!自由民権運動最大の激化事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今日は自由民権運動最大の激化事件、秩父事件だよ。

秩父事件は個人的にとても思い入れのある事件でね、秩父事件で困民党の総裁になったのが田代栄助って人物なんだけど超マイナーなのね。

もちろん一問一答とかにも出ていないような名前だわ。用語集でも2用語だし。でも俺は受験生の時に日本史極めてたから、もちろん覚えていたのね。

そしたら、早稲田の入試で出たんだよ!!!田代栄助が。

いやー、やっぱり極めるってのは大事だね。ってことで今日は秩父事件だぜ!テンションあがるぜ!!

秩父事件の原因

もうおわかりでしょう。

これら自由党による自由民権運動の激化事件ってのは、生活に困窮した人たちが自由党と相まって蜂起した事件なわけだ。

その最たる原因が松方デフレなわけ。松方正義は紙幣整理のために増税をして、不換紙幣を回収したんだよね。日本銀行を設立して銀本位制を確立したり。

厳しい緊縮財政をしたからデフレが起きてしまったわけなんだよね。

それまでは西南戦争の出費などで激しいインフレだったからさ。物価が高いのが当たり前だったわけ。それがいきなり、価格がどんどん下がっていったらさ・・・売る側は大変じゃん?

ってことで、農民の生活は困窮したわけ。土地を売るしか方法がない!くらいの人たちもかなり出たんだよ。

 

で、「税金を上げてくれー!」「借金の返済を遅らせてくれー!!」と声高に叫んだ人たちが出てきたわけ。

 

田代栄助 → 困民党(こんみんとう)

 

だね。自由党員の力を借りて徒党していったわけ。

この田代栄助ってなかなか凄い人でね。生活に困窮している人たちを助けて回っていた人なの。

借金の仲裁に入ったり、浮浪者を救ってあげたりと社会的弱者に対してとても優しい人だったのね。

そりゃ早稲田も田代栄助を入試に出したくなるよ!!って大人になって思ったね。

 

なぜ秩父なの?

と言うと、秩父ってのは昔から養蚕事業が盛んだったのね。蚕だよ、繭ね。開国以降は、生糸の輸出ってのが日本にとって一大事業だったんだけど、。このデフレのせいで物凄い価格が下がっちゃったわけ。

秩父ってのは養蚕事業しかやっていないくらい専門的な場所だったから、大打撃ね。

 

そこで、田代栄助を総理とする困民党は1万人以上の農民を集めて蜂起。

明治政府に「自由政府の樹立」を求めたのね。

 

でも、わずか10日ほどで警察や軍隊に鎮圧されて、4000人以上が逮捕されてしまうんだよ。

田代栄助も残念だけど死刑判決になってしまうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/jahistory/jahistory.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 312

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ムフフ より:

    秩父事件では、(一部の)自由党民が関わった と教科書には、書いてありました
    何故、自由党民が出てくるのか解りません。
    教えてください。

    1. jahistory より:

      コメントありがとうございます!返信が遅くなりすみません。

      秩父事件で一部自由党民が関わった理由は、このころ起きていた「自由民権運動」が関係しています。
      自由民権運動を取り締まっていた政府は、活動の中心であった板垣退助率いる自由党の勢力を弱めようと考えていました。

      そこで、板垣退助に対して政府が「お金は出してあげるから、ちょっと外国行って政治とか見学してきたら?」と進めて、板垣退助を海外に行かせたのです。

      自由党のリーダー不在の中、次第に自由党も分裂を始めます。
      そして、分裂した中から「自由民権運動を取り締まる政府は悪だ!政府高官を暗殺し、政府をひっくり返してやろうぜ!」という過激な連中(急進派)が登場します。

      そんな急進派は、今回の記事で登場した“貧困にあえぐ農民たち”に近づき「暗殺、政府転覆」の思想を広めます。「敵の敵は味方」ということわざがありますが、まさに政府に不満を持っている困民党と手を組んで政府転覆を狙おうとしていたわけです。
      これに触発された農民たちが起こした「秩父事件」です。

      こういった理由で、自由党明が秩父事件にかかわりました。

コメントを残す

*