昭和時代

日ソ中立条約はなぜ結ばれた?その理由とは。

日本とソ連は、ノモンハン事件によって関係が非常に悪くなったよね。

おまけにソ連とドイツが不可侵条約を結んじゃったりしてね。

 

しかし複雑怪奇なもので、独ソ不可侵条約が結ばれた約2年後、今度は日本とソ連が条約を結ぶことになる

 

どうしてなのか、詳しく見ていこう。

続きを読む

ABCD包囲網とハル・ノートで、太平洋戦争突入へ。

南部仏印進駐で冷えるところまで冷え切った日米関係。

アメリカから日本への石油輸出が全面的に禁止されるという強烈な経済制裁によって、日本は窮地に立たされたんだったね。

 

ところで、日本の南部仏印進駐に警戒感を持っていたのは何もアメリカだけじゃない。

前回の記事で、仏印の近くにはイギリスやオランダの植民地もある、と書いたよね。

 

当然この近くに日本軍が進駐したとなれば、イギリス・オランダは脅威に思うわけだ。

そしてこの国々が手を組んで、“日本を包囲”し始める。

続きを読む

南部仏印進駐は、アメリカとの太平洋戦争「回帰不能点」。

日本は、ドイツがフランス侵攻を行ったことに付け込んで北部仏印進駐を果たした。

こうして援蒋ルートのひとつ・仏印ルートを使えなくすることに成功した。

 

ただ、援蒋ルート最後のひとつ、ビルマルートがまだ残っていた。

長引く日中戦争を終わらせるためにも、日本は援蒋ルートを一本残らず封じてしまいたかったので、ビルマルートに近い“南部”仏印進駐を計画し始めた。

 

続きを読む

北部仏印進駐と日独伊三国同盟でアメリカとの関係がどんどん悪化

ノモンハン事件によって、北の方に侵略することが事実上不可能になったカタチの日本。

かといって当時の日本は、自分の国と満州の資源だけじゃ戦争を続けられない。

 

じゃあ、どうするか。

反対の南の方の国に行って資源を獲得していこう、と考えたわけだ。

 

これが、南進論とか南進政策って呼ばれる。

具体的には、フランス領となっているインドシナ。

 

この地域に軍を置いて、資源をゲットしようとした。

続きを読む

大日本産業報国会をわかりやすく!大政翼賛会の下部組織だ!

前回見てきた新体制運動と、それに関連した大政翼賛会の設立によって、日本は一党独裁的な政治体制へと変わってしまった。

 

当時は世界恐慌による不況もあって、隣の芝生(=ソ連やドイツ、イタリアなど)が青く見えたために一党独裁に向かってしまったけれど、今から考えてみれば独裁で国民みんながハッピー!なんて状況はほとんどあり得ないよね。

 

でも、当時の日本は独裁を認める方向に進んでしまった。

大政翼賛会は一党独裁的な組織ではあったけれど、他の国と違う点として「下部組織」を作っていた点がある。

 

例えば前回も言ったように、大政翼賛会は政党ではないから翼賛議員同盟なんて組織を作ってここに政党の役割をさせていた。

 

大政翼賛会はこのほかにも、何種類かの下部組織を持っていた。

 

そのうちの一つとして代表的なのが、「大日本産業報国会」だ。

詳しく見ていこう。 続きを読む

新体制運動をわかりやすく!大政翼賛会の目的も詳しく見ていくよ。

第二次世界大戦が勃発したころの日本は、外国との関係がすこぶる悪かったよね。

中国ともソ連ともアメリカとも仲が悪かったし、なんかドイツもよくわからない動きしてるし。

 

そんな頃の日本政府はどんな状態だったかというと・・・。

第一次近衛内閣が倒れた後3つの内閣が立て続けに誕生してはすぐ解散していた(平沼内閣、阿部内閣、米内内閣)。

 

この中でも阿部内閣と米内内閣は、日中戦争がこれ以上拡大するのを阻止しようとしたり、アメリカやソ連に近づこうとする動きをしていたんだけど。

結局当時の発言力が巨大すぎる陸軍にそっぽを向かれ、うまくいかず総辞職に追い込まれてしまう。

 

米内内閣が倒れたことを受けて次に生まれたのが、ミスター戦犯こと近衛文麿。第二次近衛内閣だ。

近衛はまた、ヤバい政策を推し進めてしまう。

続きを読む

日米通商航海条約破棄をわかりやすく。仏印進駐へ加速する!

第二次世界大戦(1939~)が始まったころの日本は、やれ日中戦争だ、やれノモンハン事件だとあちこちで戦争をしていたね。

 

この時点で中国とソ連を相手取っていたんだけど、なんと今度はアメリカとまで対立を深めていくことになる。

その大きなきっかけとなったのが、明治時代から代々続いてきた「日米通商航海条約の破棄」という出来事。

 

これを機に日本はどんどん戦争の泥沼にハマっていくことになる。

続きを読む

独ソ不可侵条約をわかりやすく。ドイツが日独防共協定の約束を破った!?

前々回の記事で、ノモンハン事件を見てきたよね。

満州とソ連・モンゴルの国境を巡ってドンパチやった戦闘だった。

 

そんなノモンハン事件の裏では、ドイツとソ連がコソコソ近づいて話し合いが行われていて、突如として「独ソ不可侵条約」という条約がドイツとソ連の間で結ばれた。

 

これ、世界的に見ても日本から見ても、めちゃくちゃ重大な条約なんだ。

詳しく見ていこう。

続きを読む

関東軍はなぜ暴走した?日本軍の他部隊との違いとは。

日本が太平洋戦争へと向かって行った歴史を学ぶ上で、ちょくちょく話に出てくるのが、関東軍という連中。

これまでの記事の中でも見てきた、

  • 張作霖爆殺事件
  • 満州事変
  • ノモンハン事件

と、満州関連の重大事件に関わっていることが分かるね

 

関東軍は組織上日本の陸軍組織のひとつではあるんだけど、実に特殊な部隊なんだ。

日本を日中戦争へ、そして太平洋戦争へと引っ張っていく原因一つと考えられている。

続きを読む

ノモンハン事件をわかりやすく!北進論から南進政策への転換点

日中戦争が次第に激化していったころ、実は中国とはまた別の国と戦闘が発生していた。

その別の国というのが、ソ連。

 

思い出してほしいのは、日本には満州というほぼ植民地が存在すること。そして、満州の隣には「ほぼソ連」と呼ばれるほどソ連と関係しているモンゴルがあった。

 

日独防共協定で分かるように、日本は社会主義国のソ連を敵対視してるソ連側も日中戦争をおっぱじめた日本を危険視している。

 

そんな二人が隣り合ったらギスギスするのは当然のことだよね。

で、ついにケンカが始まっちゃうわけだ。

 

それが今回のテーマ、ノモンハン事件。

続きを読む