鎌倉時代

宝治合戦はなぜ起こった?わかりやすく解説するよ。

前回は御成敗式目について詳しくみてきた。

3代執権であった泰時は、御成敗式目を制定して御家人たち武士のための「法律」をつくったんだったよね。

 

さて今回からはは、少し時間を進めて5代執権北条時頼について。

 

時頼も泰時と同じように、北条氏の権力を不動のものにすべくいろいろな方策を練っていく。今回はその中でも、執権を握る北条氏の家系(得宗家ともいう)の権力を確固たるものにした「宝治合戦」について見ていくよ。

続きを読む

御成敗式目をわかりやすく!定めた人やその目的について。

北条泰時の執権就任以後、鎌倉幕府の政治体制が大きく変わる。

 

政子と義時っていう北条家の中でも頭一つ出てるような権力者が次々死んでしまったんで、地固めが十分じゃなかった泰時は連署と評定衆を作って合議制にしたんだったね。

 

で、これとは別に泰時は法整備も進めていった。その法っていうのが、御成敗式目だ。

今回は御成敗式目を詳しく見ていこう。

続きを読む

北条泰時の政策は?まず「連署」と「評定衆」で合議制だ!

今回は前回の話のつづき。

泰時は政子に呼び寄せられて急に執権となったけど、まだ準備ができてなかったために政治的能力は未熟だった。

 

そこへ政子の死が重なってしまい、ピンチに陥ってしまう。

義時はこの難局を乗り切るため、大きな改革に乗り出していくよ。

 

詳しく見ていこう。

続きを読む

北条泰時は「承久の乱」後の三代執権!政子の死で改革を始めるぞ。

さて、これまで何回かにわたって「承久の乱」がらみの話題に触れてきたけど、いよいよ今回が最後の項目だ。

承久の乱が起きる前を見ると、幕府側の権力は北条氏「執権」という立場で握っていて、鎌倉を中心に東日本に影響力が大きかった。対して西日本側は朝廷の影響が根強くあったんだよね。

 

それが承久の乱でパワーバランスが崩れ、幕府つまり北条氏が朝廷よりも影響力に関して上になるという状況になったわけだ。

で、承久の乱後の執権というのが、3代執権の北条泰時だ。

 

義時は「執権政治を確立へと導いた人」とも言われていて、いろいろ注目すべき政策がある。

詳しく見ていこう。

続きを読む

六波羅探題の役割とは?わかりやすく解説するよ

さて、前回は日本史上初の「朝廷Vs武家政権」の戦いであった承久の乱を見てきたね。

後鳥羽上皇が鎌倉幕府の事実上トップであった北条義時を討とうとして、逆にやられてしまった戦いだった。

 

結果、後鳥羽上皇は流刑になって政治の表舞台から消えた。

一方北条ら幕府側は、朝廷よりも有利な立場にあることを全国に知らしめることになった。力関係が完全に変わってしまったってことだね。

 

で、問題は戦後処理だ。

幕府側からすれば承久の乱は鎮圧できたものの、こんな反乱を何回もやられたんじゃたまったもんじゃない。

 

そこで今後の反乱を防止するため、いろいろな対策を講じることになる。

その一つが、「六波羅探題の設置」というわけだ。

続きを読む

承久の乱を簡単に!後鳥羽天皇(上皇)と北条義時の前代未聞バトル

前回まで、源氏の初代将軍・頼朝から、3代将軍・実朝までの流れを見てきたね。

頼朝が強力なリーダシップと周りの協力あって見事鎌倉幕府を成立させたまではよかったけど、頼朝の死後頼家・実朝やその側近たちは北条氏の策略によって次々殺されていった。

 

で、実朝の代で源氏将軍は途絶えてしまったわけだ。

邪魔者が消えた北条氏は、いよいよ自分たちが鎌倉幕府、ひいては日本のトップに躍り出るべく行動を開始する。

 

これに待ったをかけたのが、当時の朝廷の天皇(上皇)であった後鳥羽天皇(上皇)だ。

続きを読む

3代将軍・源実朝と公暁の関係は?「金槐和歌集」も重要だぞ!

前回は「牧の方事件」による北条時政の失脚、そして義時の台頭を見てきたね。

時政とその妻・牧の方が共謀して三代将軍の源実朝を殺そうとしたんだけど、義時&政子に反対されて逆に鎌倉から追い出された、という事件だった。

 

ところで、まだ源実朝がどんな将軍だったのかを話してなかったよね。

実朝は鎌倉幕府の3代将軍にして、源氏の将軍としては最後。ここで途絶えてしまう。

 

この将軍はなんというか・・・いろいろ不幸な人だ。

 

詳しく見ていこう。

続きを読む

牧の方事件(牧氏事件)で分かる、「牧の方」のヤバさ

前回は「些細な喧嘩」から起きた、北条氏と畠山氏の間の戦い「畠山重忠の乱」を見てきたね。

畠山重忠の息子である重保と、時政&牧の方の娘婿・平賀朝雅の間で起こった諍いを大げさにして、畠山氏を討つ口実としたんだった。

 

結局畠山氏はハメられた格好で滅びてしまった。

 

無実の人を殺してしまった北条時政や奥さんの牧の方に対して、御家人たちはもちろんのこと、時政の子である義時・政子からも「さすがにやりすぎだよ」と言われてしまう。

こうして親子間での対立関係が明確になってくる。

 

そんな中で起きた大事件が、今日紹介する「牧の方事件」だ。

続きを読む

畠山重忠の乱で、北条時政と北条義時の間に決定的な亀裂が…

前回、「邪魔する奴は消す!」でおなじみ北条時政の権力争いの様子を見てきたよね。

梶原景時一族、比企能員一族らを次々暗殺・謀殺し、しまいには2代将軍である源頼家すら幽閉して暗殺してしまう。

 

結果的に、北条時政を筆頭に北条氏は圧倒的な権力を得るようになった。

・・・だけど、「ある事件」をきっかけとして北条時政は御家人たちの信頼をどんどん失っていくことになる。

 

今回はそのきっかけとなった事件を見ていくよ。

 

続きを読む