鎌倉時代

3代将軍・源実朝と公暁の関係は?「金槐和歌集」も重要だぞ!

前回は「牧の方事件」による北条時政の失脚、そして義時の台頭を見てきたね。

時政とその妻・牧の方が共謀して三代将軍の源実朝を殺そうとしたんだけど、義時&政子に反対されて逆に鎌倉から追い出された、という事件だった。

 

ところで、まだ源実朝がどんな将軍だったのかを話してなかったよね。

実朝は鎌倉幕府の3代将軍にして、源氏の将軍としては最後。ここで途絶えてしまう。

 

この将軍はなんというか・・・いろいろ不幸な人だ。

 

詳しく見ていこう。

続きを読む

牧の方事件(牧氏事件)で分かる、「牧の方」のヤバさ

前回は「些細な喧嘩」から起きた、北条氏と畠山氏の間の戦い「畠山重忠の乱」を見てきたね。

畠山重忠の息子である重保と、時政&牧の方の娘婿・平賀朝雅の間で起こった諍いを大げさにして、畠山氏を討つ口実としたんだった。

 

結局畠山氏はハメられた格好で滅びてしまった。

 

無実の人を殺してしまった北条時政や奥さんの牧の方に対して、御家人たちはもちろんのこと、時政の子である義時・政子からも「さすがにやりすぎだよ」と言われてしまう。

こうして親子間での対立関係が明確になってくる。

 

そんな中で起きた大事件が、今日紹介する「牧の方事件」だ。

続きを読む

畠山重忠の乱で、北条時政と北条義時の間に決定的な亀裂が…

前回、「邪魔する奴は消す!」でおなじみ北条時政の権力争いの様子を見てきたよね。

梶原景時一族、比企能員一族らを次々暗殺・謀殺し、しまいには2代将軍である源頼家すら幽閉して暗殺してしまう。

 

結果的に、北条時政を筆頭に北条氏は圧倒的な権力を得るようになった。

・・・だけど、「ある事件」をきっかけとして北条時政は御家人たちの信頼をどんどん失っていくことになる。

 

今回はそのきっかけとなった事件を見ていくよ。

 

続きを読む

北条時政は何をした?実はとんでもないやつだったのだ…

前回、鎌倉幕府の重要な仕組みである「十三人の合議制」について話したね。

頼朝の死後、将軍への権力集中を避けるため作られた仕組みだった。

 

この仕組みを作る際に中心にいたのが、北条氏という家系。執権を世襲する有力御家人だ。

実は、この十三人の合議制を作った後、北条氏は他の有力御家人たちを次々殺してトップに上り詰めるという、超ドロドロの権力闘争を始める。

今日はその権力争奪戦の中心人物となった北条時政に注目してみていくよ。

続きを読む

十三人の合議制はをわかりやすく!源頼家の権力を奪うためだった⁉

以前、鎌倉幕府初期の重要人物として

  • 和田義盛
  • 大江広元
  • 三善康信

という三人を紹介したの、覚えてるかな?

それぞれ侍所公文所(政所)・問注所の長官だったよね。

 

この三人は、頼朝の死後も重要な役割を果たしていくんだ。

その最たるものの一つが、今日紹介する「十三人の合議制」

 

詳しく見ていこう。

続きを読む

御家人とは?簡単にわかりやすく。江戸時代と鎌倉時代では意味が違う!

鎌倉幕府の特徴的な制度、と言ったら何が一番最初に思い浮かぶだろう。

 

たぶん、「御恩と奉公」ってワードなんじゃないかな?

「御恩と奉公」は、これまでの平安時代とは全く違う新しい支配制度だからとっても重要で、小学校とかでも強く教えられたと思う。だから「鎌倉幕府!」というとほとんどの人が連想できる(はず)。

 

今日は「御恩と奉公」をわかりやすく、詳しく説明していくよ!

続きを読む

和田義盛・大江広元・三善康信は鎌倉幕府初期の中心人物だ!

以前の「鎌倉幕府の仕組み」の記事で説明したんだけど、鎌倉幕府はトップ層である「将軍」「執権」「連署」の下に9つの独立組織があった。

その中で、

  • 侍所
  • 公文所(政所)
  • 問注所

この3つについては、初代別当(べっとう、長官のこと)を覚えておく必要がある。

鎌倉幕府の初期を語るうえでは、絶対に外せない3人なんだ。

続きを読む

大犯三ヵ条(だいぼんさんかじょう)をわかりやすく!大番催促ってなんなの?

以前の記事で、鎌倉時代の重要な役職である「守護」について詳しく見てきたよね。

 

守護は、国(今でいう都道府県のようなもの)の警察役を担っていたんだよね。

この“警察役”についてなんだけど、実はこの守護の警察役には特別に名前がついている。

 

これこそ今回のテーマ「大犯(だいぼん)三ヵ条」だ!

今回は守護の持つ重要権限、大犯三ヵ条をみていくよ。

 

続きを読む

九条兼実(かねざね)の書いた日記『玉葉(ぎょくよう)』は超重要!

前回は、鎌倉幕府の重要な職「守護」と「地頭」について見てきたよね。

「守護」は国を守る警察役として、「地頭」は公領や荘園の管理人役として送り込まれたんだった。

 

で、今回はある人物のご紹介。

ちょっと大げさに聞こえるかもしれないけど、鎌倉初期の様子が分かるのはこの人がいたからとも言えるとっても重要な人だ。

 

続きを読む