江戸時代

イギリス公使パークスvsフランス公使ロッシュ

外国人シリーズは今日でちょっと小休止。

でもね、最後が一番重要かも。イギリス公使vsフランス公使「仁義なきパークスとロッシュの闘い」だよ。

1つの国の中の闘いを違う国の人間が支持(師事)するなんて、まるで冷戦の先駆けだわな!そんなパークスとロッシュについて注目してみようよ。

続きを読む

長崎のグラバー邸はフリーメイソンで有名。

2015年に世界遺産に認定された、グラバー邸。

幕末の日本の時代にできた西洋風の建築ってんで、世界遺産登録後は観光客が相次いでいるよ。

それに加えて、都市伝説でフリーメイソンがブームになった!っていうのもあってさ、フリーメイソンのマークがグラバー邸にあるから話題になったわけ。

そんなグラバーが討幕に及ぼした影響を見てみよう。

続きを読む

アーネストサトウは佐藤さんであり、佐藤さんでない!

イギリスの外交官アーネストサトウさん。

私は高校生の時はてっきり佐藤さんだと思っていたんだよ。おそらく多くの日本史組はアーネストサトウさんは、「珍しいな~。この明治時代に日系なのかな」なんて思っているはずだ。

しかーし!佐藤さんであり、佐藤さんでないのだ。今日はこの謎を解明したいと思う。

続きを読む

オールコックの愛犬は熱海で死す。大君の都

今日はちょっとだけコラム的な感じ。

イギリスのオールコックって聞いたことあるでしょ。ここらへんって外国人の名前がひっきりなしに出てくるからなかなか覚えられないよね。俺も、本当カタカナ苦手だからさ。

オールコック、メーチニコフ、グラバー、パークス、ロッシュあたりは本当ウンザリだったよ。そこでその人物を詳しく調べることによって頭に残ったんだよね。

今日はそんなオールコックの愛犬の死の話!!

続きを読む

改税約書(かいぜいやくしょ)をわかりやすくなんて無理!

言葉だけちゃんと覚えていれば大丈夫なこともある。

今回は君を一蹴したいわけではなくて、改税約書の細かい内容ではなくてその背景や流れを掴んで欲しい。そういった愛情を込めて、「わかりやすくなんて無理!」と言っているのだ。

日本史大好き、日本史マニアの先生であれば学校の定期テストで改税約書について述べさせるかもしれんが、そんなのはどうでもいいのだ。受かればいいわけだから、改税約書について必要な部分だけいっておこう。

続きを読む

第一次長州征伐で西郷隆盛に気が変わる。

禁門の変で長州が負けたことは伝えたよね。

会津・薩摩藩にコテンパンにやられるんだけども、なんで禁門の変って名前だったんだっけ?そうそう。御所の門は禁門って呼ばれてたから、禁門の変だったよね。

実は、長州はとんでもないことをして孝明天皇にブチ切れられるんだよね。禁裏に銃弾ぶっぱなしたの!なかなかやるよね。長州藩。

そんなタブーを犯した長州藩を潰すため、孝明天皇は「長州征伐(せいばつ)」を行うんだね。長州征伐は2回あって内容が全然違うから要注意だよ。

続きを読む

池田屋事件から禁門の変に争いは続く。

前回は池田屋事件について話したね。

松平容保と一橋慶喜の暗殺計画を事前に知った新撰組が、池田屋事件で長州藩の攘夷派を襲撃した事件だね。時をほぼ同じくして。久坂玄瑞や真木和泉なんかも京都に挙兵しているんだよ。

ちょうど向かっている途中に池田屋事件を知ったような形かな。今日はそんな禁門の変についていってみよう。

続きを読む

新選組の池田屋事件は正義なのか?

日本人の大好きな新選組。

大義のために忠義を誓って戦うその姿は日本人の心を魅了し、映画だったり漫画だったりになってるよね。

実は今、俺が住んでいる東京の日野って地域はさ、新選組ゆかりの地!ってことで、記念館的なことがってさ。今度行ってみるから写真とか撮ってアップするからな!

今日はそんな新選組。

続きを読む

水戸藩天狗党の乱も尊王攘夷運動の激化。

さて前回は天誅組の変についてお話ししたよ。

尊王攘夷運動が地方でも激化して、武力行使の先駆けとしてお話ししたよね。他にも天狗党の乱ってのがあってね。

こっちは水戸藩なんだけど、攘夷運動っていちいち名前がかっこいいんだよな。

天誅に天狗だぜ。天誅組は変なんだけど、天狗党は乱なんだよね。変と乱の違いはどっかのタイミングで話すけど、間違えないようにな。

続きを読む

中山忠光の天誅組の変の意義。尊王攘夷運動は最高潮!

前回は八月十八日の変について話したね。

大和行幸の何が問題か?って天皇が大和国でお祈りして、攘夷を成功させようとすることなんだよ。天皇が軍事指揮権を発揮するってことは、江戸幕府を無視する!ってことだからさ。

長州藩からしたら討幕運動だからね。そんな攘夷運動が最高潮に達している事件が、天誅組の変さ。

天誅組って名前がかっこいいよね。

続きを読む