江戸時代

柄井川柳(からいせんりゅう)は川柳の始祖!

前回まで、俳句と川柳の違いについて見てきたね。

違いをちゃんと理解できたかな?

 

一番の違いは連歌から分岐した部分だったよね。

 

平句から分岐したのが川柳だったわけだけど、今回はその創始者である柄井川柳(からいせんりゅう)について見ていこう。

 

続きを読む

俳句と川柳は「連歌から取り出した部分」が違うぞ!

前回まで、絵画的な俳句を詠み、優れた文人画を描いた稀代の芸術家・俳人の与謝蕪村を見てきたね。

芭蕉が起こした蕉風俳諧の時代にあった「深み」を復活させた人物だったね。

 

今回見ていくのは、川柳だ。

 

といっても、川柳と俳句の違いって、季語の有無くらいしか分かんないよね。

実は、同じ俳諧連歌から分岐したものなんだけど、異なる分岐の仕方をしたんだ。

 

詳しく見ていこう。

 

続きを読む

与謝蕪村の俳句の代表作は?絵画的な俳句ってなに?

前回は、江戸時代を代表する黄表紙作家のひとり、恋川春町について見てきたね。

『金々先生栄華夢』で一躍人気となったけど、そのあと出した『鸚鵡返文武二道』が寛政の改革を風刺してしまった為に弾圧されたんだったね。

 

今回は、「俳句」分野で大きな功績を残した人物である与謝蕪村(よさぶそん)について見ていこう。

 

続きを読む

山東京伝は洒落本の作者!遊女と結婚?

前回は、江戸時代の大衆本の種類について見てきたね。

洒落本や草双紙などがあったよね。

 

今回は、そんな洒落本や黄表紙を書いた著名作家のひとり、山東京伝(さんとうきょうでん)を見ていこう。

 

続きを読む

山片蟠桃(やまがたばんとう)の「夢之代」ってなんだ!?

前回は、“加上説”を論理的に説明した学者・富永中基について見てきたね。

「仏典はブッダの教えそのものじゃなく、付け加えられてできたものだ!」というのが加上説だったね。

 

そんな中基は「懐徳堂」という郷校出身だったけど、実は懐徳堂出身者の中でもう一人有名なのが、今回紹介する山片蟠桃(やまがたばんとう)だ。

 

続きを読む